ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

パラベン:結局すごく安全?

みなさんもよくご存知のことですが、多くのコスメブランドは保存料のパラベンを使っていないことを売り文句にしています。しかし、様々な機関がこのパラベンの安全性に対する調査・研究にのりだし、科学的な事実が判明しました。

消費者安全性に対して非常に厳しい、ヨーロッパの科学委員会が、プロピルパラベンとブチルパラベンという何百、何千という化粧品に使われてきた2つの最も一般的に保存料として使用されてきたパラベンに対しテストを実施しました。

このテスト結果によりますと、パラベンはこれを塗ったマウス(実験用のネズミ)の皮膚にごく一部吸収したのですが、皮膚組織を通り血管にたどり着く前に代謝されてしまったということでした。つまり血中からはパラベンは検出されなかったのです。

調査結果が証明したのは、化粧品に使われるパラベンの量では、体内での代謝の方が早くて、今までいわれてきたような悪影響をだすことはできないということでした。

つまり化粧品会社にとっては、悪影響を心配することなく、パラベンを安全な保存料として堂々と使用できるということです。

化粧品の中にパラベンが使われているということだけで、その製品を否定してしまうのは、科学的に意味のないことと言えるかもしれません。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
アミノ酸を飲むタイミングと飲む量とは?

アミノ酸サプリを摂取する一番理想的なの形は、液体化したアミノ酸をカプセルにして飲 …

no image
シミ予防に知っておきたいこと

シミができる最大の原因は紫外線ですが、他にはホルモンバランスの乱れや、皮膚の炎症 …

no image
ストレスの解消法

皆さんは、ストレスをどのように解消していますか? ストレスの種類や度合いなどは、 …

no image
美肌作りにコラーゲンって、ほんと?

コラーゲンはお肌のハリや弾力を保つ、アンチエイジングや美肌に欠かせない成分として …

no image
ニキビに効くサプリとは?

「ニキビの改善には、甘いものや脂っぽいものを控えると良い。」など、食生活とニキビ …

no image
豊胸手術、どうやってサイズを決める?

アメリカでは住む場所によって、豊胸手術に対する理解度が違うそうです。 例えば、フ …

no image
ヨガで活力アップ

一般的に、運動は、カラダの活力を高めてくれます。運動をすると、心拍数が上がり、カ …

no image
カレーライス・ダイエット!?

「飲み会」が続く季節、ウコンを手放せない人が多いのではないでしょうか? 今日はそ …

no image
肌荒れ、実は食品アレルギー?

お肌の乾燥しがちな季節は、お肌が敏感になってニキビや肌荒れでお悩みの方も多いので …

no image
タバコはキレイの大敵

喫煙が老化の原因になることは、皆さんよく知っていますよね。 タバコを吸うと、美肌 …