ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

冷凍野菜は栄養価が高い?

美肌と健康のためには、バランスの取れた食事が大切。でも、外食が多かったり、忙しくて自炊ができなくなると、野菜が不足がちになってしまいます。

また、野菜はカラダに良いとわかっていても、野菜を洗ったり、切ったりするのが面倒でついつい避けがちになっていませんか?そんな方は、市販の冷凍野菜を利用してみてはいかがでしょうか。

冷凍野菜と言うと、生鮮野菜に比べて栄養価が低いのでは?と思って、利用するのをためらっている方が多いかと思いますが、国民生活センターの調査によると、市販の冷凍野菜は、旬の時期に冷凍されていて、生鮮野菜との栄養価はそれほど変わらないようです。

ちなみに、旬の時期のトマトに含まるカロチンは、季節外れのトマトと比べて2倍、旬のほうれん草に含まれるビタミンCでは、約4倍も栄養価が高いそうです。

また、2007年に米国で行われた調査によると、生ブロッコリーに多く含まれているビタミンCの栄養価は、収穫されてから1週間経つと56%も失われてしまうのに対し、収穫されてから直ぐに−20℃で冷凍されたブロッコリーは、一年後でも10%しか失われなかったそうです。

栄養価が一番高いのは、新鮮な旬の生野菜ですが、季節外れの生野菜や鮮度の落ちた生野菜よりは、市販の冷凍野菜の方が栄養価が高いようです。

でも、冷凍処理と保存状態によって栄養価の失われ方が変わります。市販の冷凍野菜は特別な処理をしているので、それほど栄養価が失われませんが、家庭で生野菜を冷凍すると、確実に栄養価が低くなるのでご注意。

生鮮野菜に比べて価格も安く、野菜を洗ったり、切ったりする手間もかからない市販の冷凍野菜を賢く利用すると、お金も時間も節約できますね!

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
アミノ酸でつやつや髪

お肌の角質層が水分の蒸発を防ぎ、お肌の潤いを保っているように、髪の毛を乾燥から守 …

no image
アミノ酸の吸収率を高める方法とは?

アミノ酸は単体では何の働きもしないのに、複数のアミノ酸が繋がると、いろいろな働き …

no image
目のクマ、解消法!!

前回のトピックで、目の下のクマは、原因によって「青グマ」、「茶グマ」「黒グマ」の …

no image
シミの原因と対策

シミの原因は、紫外線やお肌の老化、ストレス、ホルモンバランスなどが一般的ですが、 …

no image
毛穴のタイプ別ケア法!

前回のトピックで毛穴のタイプをご紹介しましたが、あなたの毛穴の悩みはどのタイプか …

no image
紫外線対策のポイント

お肌が老化すると、シミやくすみ、シワ・たるみ、お肌の乾燥などが現われます。 お肌 …

no image
シミ予防に知っておきたいこと

シミができる最大の原因は紫外線ですが、他にはホルモンバランスの乱れや、皮膚の炎症 …

no image
まだあまり知られていない、新美肌成分とは

その美肌成分とは、ポリリン酸です。まだあまり聞いたことがない成分かもしれませんが …

no image
シミ治療に期待度大の発見とは?

火傷治療の皮膚移植の研究をしている科学者グループによる最近の発見は、お肌の色素沈 …

no image
女性の肌は男性よりも早く老化する?

シワやシミ、たるみなどのお肌の老化には個人差がありますが、一般的に男性と比較して …