ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

キレイに痩せる方法

アメリカでは、今、肥満が深刻な社会問題になっていています。最近発表された米国の肥満に関する調査によると、何と、20歳以上の米国人の2/3が「肥満」だそうです。このため、アメリカ政府は国民にダイエットを心がけるよう呼びかけています。

「ダイエット」と言っても、単に食事制限をして体重を落とすのではなく、健康的にキレイに痩せたいですよね。今回は、キレイに痩せるためのポイントをご紹介します。

白米と小麦粉を控える白米と同様に、精製された小麦粉で作られているパンやパスタ、うどん、ラーメンなどは、血糖値を上げるので、運動をしないと脂肪として蓄積されてしまいます。ごはんは、白米ではなく玄米に、パンやパスタは、小麦粉ではなく全粒粉を使ったものにしましょう。玄米や全粒粉には、食物繊維やビタミンも豊富に含まれています。

甘いものを控える「甘いもの」と言っても、果物などの自然の甘さは良いですが、避けるべきなのは、精製された砂糖が入っていて、高脂肪なケーキやクッキー、アイスクリームなど。「甘いもの」が食べたい方は、脂肪分の低い和菓子にしたり、エネルギーとして消費されやすい朝に食べると良いですよ。

定期的に運動をする…って、分かっているけど、運動を習慣にするのは、なかなか難しいですよね。そんな方は、まず週に3回、20分の有酸素運動をする事から始めてみましょう。次は週に4回に回数を増やして、その後少しづつ1回の運動時間を増やしましょう。

食品のカロリーを正しく知る

自分が食べた食品を記録して、食品の正しいカロリーを調べましょう。調べてみると、「カロリーが低い」と思っていたものが以外とカロリーが高いというような思い違いが発見できます。また、毎日、自分の食べたカロリーを正しく知ることによって、カロリーの摂取量をコントロールできるようになります。

五感を働かせて食事を楽しむ

テレビを見ながら食事をしたり、電話をしながら食事をしたりするのは止め、自分が食べるものを意識して、ゆっくりと味わい、食感や香りなど、五感を働かせて食事を楽しむと、少量の食事でも満足感が高まります。また、食べたものがカラダに必要な栄養分として吸収されやすくなります。お気に入りの食器に盛ってみたり、盛り付けを工夫するなどして、まずは見た目を楽しんでから食事をすると、さらに満足感が高まります。

基礎代謝を高める

基礎代謝とは、呼吸や体温調節など、生命を維持するために消費されるエネルギーで、消費されるエネルギーの70%を占めています。脂肪のつきにくい体質にするには、基礎代謝を高めることが大切です。

基礎代謝を高める方法

基礎代謝は、生命の活動を維持するために消費されるエネルギーで、カラダの代謝全体の70%を占めています。基礎代謝を高めるとエネルギーが消費されやすくなり、食べても太りにくい体質に改善することができます。また、基礎代謝量が増えると、新陳代謝も活発になるので、カラダ全体の細胞が若返り、お肌も若返ります。

そんな、キレイになる要素いっぱいの「基礎代謝を高める」具体的な方法をご紹介します。

ヨガをする独特な呼吸法とポーズで内臓機能を良くし、カラダと心のバランスを整える効果があります。また、リラックス効果もあります。基礎代謝を高めるには、特に「赤筋」と呼ばれる、ゆっくりとカラダを動かすときに使う筋肉を鍛えると効果的です。ヨガは、特に赤筋を鍛え、血行もよくするので基礎代謝を高めるのにとても効果的です。

アミノ酸を補給するダイエット効果があるとして近年注目を浴びているアミノ酸。バランス良くアミノ酸を補給すると、抹消血管が拡張され、血行がよくなるので基礎代謝量が高まり、エネルギーが消費されやすくなります。運動をする30分前にアミノ酸を補給するとより効果的です。

半身浴をする腕を出して、胸より下を40℃以下のぬるめのお湯でつかると、全身の血行が良くなり、基礎代謝量が上がります。最低20分以上、汗がジワッと出てくるまで半身浴をしましょう。半身浴をしながらリンパマッサージをすると、さらに血行がよくなりますよ。ストレスが溜まっている方は、半身浴をしながら好きな音楽を聴いたり、お気に入りの入浴剤やアロマエッセンスを使うとリラックス効果が高まります。入浴中は、水分を補給しましょう。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
ヨガで活力アップ

一般的に、運動は、カラダの活力を高めてくれます。運動をすると、心拍数が上がり、カ …

no image
カレーライス・ダイエット!?

「飲み会」が続く季節、ウコンを手放せない人が多いのではないでしょうか? 今日はそ …

no image
タバコはキレイの大敵

喫煙が老化の原因になることは、皆さんよく知っていますよね。 タバコを吸うと、美肌 …

no image
炭水化物はダイエットの敵じゃなかった!

「炭水化物ダイエット」ブームの影響で、ダイエットの大敵として定着してしまった炭水 …

no image
お肌のトラブルを解決してくれるサプリメントの条件

お肌のトラブルをカラダの内側から改善してくれるサプリメント があったら嬉しいと思 …

no image
化粧品でアンチエイジングは本当に可能か?

化粧品でアンチエイジングは本当に可能か? 化粧品の業界で、「アンチエイジング」と …

no image
大人ニキビとホルモンの関係

ニキビと言えば、思春期の代名詞? ですが、大人になってもニキビに悩まされている方 …

no image
クレイ洗顔、それは合成界面活性剤に頼らない安全洗顔

お化粧落としのクレンジングにしても、洗顔料にしても、洗浄剤としての「合成界面活性 …

no image
老化防止フルーツ、ザクロについて

ポメグラネート(ザクロ)が老化防止に効果があることは良く知られていますよね。 坑 …

no image
ニキビに効くサプリとは?

「ニキビの改善には、甘いものや脂っぽいものを控えると良い。」など、食生活とニキビ …