ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

痩せる7か条

1.1日2リットルの水を飲む。水分補給はダイエットの基本です。水分不足になると、体が水分を蓄えようとして尿や汗の量を抑えてしまい、老廃物の排泄がうまく行われなくなります。その結果、新陳代謝が低下するので脂肪が燃焼されにくくなってしまうのです。

2.1日に1度、スープを飲む。栄養バランスのとれた塩分の低いスープは、栄養がカラダに吸収され易く、老廃物の排出が促進されます。毎日スープを飲んでいる人は、同じカロリーでもスープを飲まない人よりも体重が落ちやすいそうです。

3. カロリーの高いものは早い時間に食べる私たちのカラダは、体内時計にしたがって動いていて、朝と夜では体内の働きが違います。朝食でとったタンパク質や脂肪はエネルギーとなって消費され易いですが、夕食にとるとエネルギーに代謝されにくくなり、カラダに溜まってしまいます。

4.就寝の3時間前以降は何も食べない。寝る直前にとった食事は、ほとんど消化されずに蓄積されてしまいますので、少なくとも就寝の3時間前以降はなにも食べないようにしましょう。

5.少量の食事を1日に5回とる。1日のカロリーの摂取量を5回にわけて食事をすると、1回の食事の量が減り、食べすぎてしまうのを抑えることができます。スナックには、カロリーの高いお菓子は控え、ナッツ類、ドライフルーツ、りんごなどカロリーが低めの果物を取るようにしましょう。

6.栄養バランスのとれた食事をする。栄養の偏った食事は体の代謝を低下させ、太りやすい体質になってしまいます。白米やパスタは控え、玄米や小麦の胚芽などにして、ビタミンを多く含むブロッコリーやほうれん草などの野菜を積極的にとり、糖分、塩分、脂肪分の高いものは控えましょう。

7.運動をする。太る原因の No. 1は、ズバリ、運動不足です。毎日30分は歩くようにするなどして日々の運動を心がけましょう。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
美容と健康に必要な睡眠法

睡眠は、お肌を修復し、再生する「美肌の素」となるだけでなく、カラダや脳の疲れを回 …

no image
シミ、美白ケアのポイント

紫外線が強まる春に向けて、スキンケアメーカー各社から続々と美肌製品が発売されてい …

no image
スーパーフルーツ、パパイヤ

パパイヤには、古くから世界各国で民間療法に利用されているほど様々な健康効果や美容 …

no image
運動はストレス解消の特効薬

前回のトピックで、定期的な運動が美肌作りにはとっても効果的なことをお話しましたが …

no image
朝のカフェラテ感覚でお肌にもカフェラテ・スリミングクリーム

お肌にラテと言っても、コーヒーをそのまま塗るわけではありません。 脂肪分解を助け …

no image
ボトックスはスキンケアと呼べるのか?

ボトックスやヒアルロン酸注入通いをしているのは、セレブばかりではありません。最近 …

no image
角質の取り過ぎに注意

「古くなった角質を取って、お肌のターンオーバーを促進しましょう。」 というアドバ …

no image
マリンコラーゲンでぷるぷる肌

カラダを作っているタンパク質の約30%を占めるコラーゲンは、お肌にはなんと70% …

no image
目のクマの種類と原因について

目の下に「クマ」ができていると、顔全体が疲れた感じに見えたり、老けて見られてしま …

no image
シミができるメカニズム

一般的に言われている「シミ」とは、「色素沈着」のことで、過剰に作られたメラニン色 …