ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

シワを消して、年齢を止める!

シワというのはすべて一緒ではありません。2つの典型的なタイプがあって、顔が動いている時にできる動的シワ(表情ジワ)と顔が休んでいる時にできる静的シワがあります。

それらのシワを消すには、最新のスキンケア製品を使う方法と医療的処置の2つのアプローチがあります。

【医療的処置】

(1)プチ整形(フィリング)

ヒアルロン酸注入は、顔の様々なシワの改善に使用されています。特に鼻唇溝、眉間、額、眼下などの深いくぼみやシワの改善に効果的です。

Juvederm(ジュベダーム)は、最新のヒアルロン酸ベースのフィラーで、FDAがその使用を認可しました。FDAの立場でその効果を検証した医師によると、2年間使用して分かったことは、従来からのフィラーに比べて、持ちが良くなったこと(1年以上)、処置のあとの回復が早い、自然な外観、など顕著な進歩が見られたとのことです。

最近人気の高いボトックス注射は、静的シワには効果は期待できませんが、目尻のカラスジワや笑いジワなど、表情ジワに大変効果的です。ヒアルロン酸注入との併用も有効と考えられています。

(2)整形手術

メスを使わないプチ整形が激増する中にあって、フェイスリフト手術は老化した部分(皮膚、筋肉、贅肉)をすべてターゲットにできるということにおいて、アンチエイジングの王道と言えます。

フェイスリフトは余った皮を減らし、たるんだ筋肉を引き締め、お顔の脂肪の分布を若々しく作りなおします。

多くの整形医は、顕著な結果を出すために、ボトックスなどのフィリングも同時に勧めています。

プチ整形や整形手術に頼らなくても、最新のスキンケア製品を使ってシワを改善、予防することが可能になってきています。アンチエイジングが騒がれる中、世界中で様々なアンチエイジング成分が研究されていて、スキンケア製品はどんどん進化しています。

その中でも特にシワ、たるみの改善に効果的な新成分として、世界中のコスメメーカーが注目しているのがペプチド(アミノ酸の集合体)です。

ペプチドは、ダメージを受けたお肌を修復し、シワやたるみを改善し、ハリをもたらしてくれるのです。ここでは、現在世界中で最も評価の高い、ペプチドの2つの成分をご紹介します。

アルジルリンペプチド(アセチルヘキサペプチド-8)が筋肉の緊張をほどき、短時間のうちに表情ジワを軽減します。

特性: 抗シワ作用、抗老化活性シワを修復する即効効果ではすでに世界で実証済みのペプチド。「塗るボトックス」とも呼ばれる、アルジルリンのバージョンアップで更に高い効果が期待されます。

マトリキシル30002種類のペプチド 、(パルミトイルテトラペプチド-7)と(パルミチオルオリゴペプチド)がお肌のコラーゲンの合成を促進して、内側からハリをもたらします。

特性: しわ・たるみの改善・皮膚のターンオーバーの促進その効果はすでに世界で実証済みのペプチド。2種類のペプチドが新しい肌細胞の代謝を促し、コラーゲンの合成を促進する働きがあります。肌のはり、しわの改善など、ダメージをうけたお肌を修復する働きに優れています。

ビーグレンのアンチエイジングクリームは、世界的に認められているアンチエイジング成分のアルジルリンとマトリキシル3000の最新バージョンを高濃度で配合。これらの成分を医療レベルの浸透テクノロジーでお肌の真皮層まで届けることで、老化の始まったお肌を内側から修復し、若々しく再生します。

この組み合わせによって、シワ、たるみ改善効果は、プチ整形のフィリング効果に更に近くなることができました。しかも効果は数時間で現れる速効効果と数週間でじっくりと修復改善していく効果の両面を持っています。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
ケミカルピーリングは1960年に始まった!

今では日本にもすっかり定着したケミカルピーリング。アメリカで最初にケミカルピーリ …

no image
紫外線予防と保湿ケアでアンチエイジング!

お肌の老化の一番大きな原因は、実は、加齢ではなく紫外線によるお肌のダメージ。シワ …

no image
アミノ酸でつやつや髪

お肌の角質層が水分の蒸発を防ぎ、お肌の潤いを保っているように、髪の毛を乾燥から守 …

no image
お肌を美しくする食品

最近、お肌を若々しく保つための食品として、このカリフォルニアで最も人気なのが、F …

no image
肌再生能力が甦るノーベル賞受賞成分とは

最近よく「EGF」という言葉を耳にしませんか? EGFは、アメリカの生物学者スタ …

no image
光老化のサイン

お肌の老化の一番大きな原因は、加齢ではなく、紫外線によるお肌のダメージ、光老化で …

no image
あなたの携帯は大丈夫?

皆さんは、携帯電話のない生活を送ることができますか?多くの人にとって、携帯電話は …

no image
毛穴のタイプ別ケア法!

前回のトピックで毛穴のタイプをご紹介しましたが、あなたの毛穴の悩みはどのタイプか …

no image
観葉植物でキレイになる

私たちに有益と害をもたらすオゾン。 オゾンは、太陽の紫外線から私たちを守ってくれ …

no image
豊胸手術、どうやってサイズを決める?

アメリカでは住む場所によって、豊胸手術に対する理解度が違うそうです。 例えば、フ …