ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

界面活性剤の誤解

「界面活性剤」と聞くと、皮膚のバリア機能を壊して、体内に悪影響を及ぼしてしまう、という誤った理解をしている方も多いのではないでしょうか?

界面活性剤とは、水溶性と油溶性の両方を持っている物質で、水と油を混ぜる(乳化)作用があります。石鹸も界面活性剤の一種で、洗剤や化粧品をはじめとして食品やサプリメント、薬品など、一般的に広く利用されています。界面活性剤自体は、私たちのカラダにも存在し、とても優れた性質を持っていて、決して悪いものではありません。

でも、問題なのは界面活性剤の種類です。界面活性剤には様々な種類があり、自然界に存在する天然系ものと石油系から化学的に合成して作られているものがあります。その中で、私たちのカラダに悪影響を及ぼす危険性があるのは、「石油系の合成界面活性剤」です。

石油系の合成界面活性剤は、泡立ちが良く、洗浄力がとても強いので、多くのメイク落としや洗顔料に配合されていますが、肌のバリア機能を壊したり、タンパク質を破壊してしまう恐れがあります。

石油系の合成界面活性剤で代表的なのは、ラウリル硫酸ナトリウム、オレフィンスルホン酸ナトリウムなど。

食品にも使用されている天然系の界面活性剤には、レシチン、ショ糖脂肪酸エステルなどがあります。マヨネーズが油と分離しないのは、レシチンの作用です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
ハイドロキノンでシミを消す!

ハイドロキノンでシミ消し ハイドロキノンは確実にシミを薄くする、効果の高い成分で …

no image
加齢は本当の老化の原因じゃない?

お肌の老化が進む速度や、老化の現れ方には個人差がありますが、老化の原因は、「加齢 …

no image
脚をむくませない方法

マッサージをしてむくみが取れても、油断をしていると、またむくみは再発してしまいま …

no image
ダイエットとお肌

ダイエットをする目的は?と聞かれたら、「キレイになるため」と答える女性が多いので …

no image
キレイな歯、心がけていますか?

今日は3ヶ月に一度の歯のクリーニングの日で、歯医者さんに行ってきました。 みなさ …

no image
頭皮からアンチエイジング!!

前回のトピックで、頭皮とお顔の皮膚はつながっているため、フェイスラインの「たるみ …

no image
ペタンコ腹が実現する食べ物

年齢とともに増える贅肉。特にウエストまわりは余分な脂肪がつき易く、気がついたら、 …

no image
ビタミンの美肌効果、化粧品 vs サプリ

美肌効果が期待できるビタミンとして有名なのがビタミンC。ビタミンCは、メラニンや …

no image
老けると四角い顔になる?

老化のサインと言えば、シワやたるみ、シミですね。シミやほうれい線が目立ってきたり …

no image
セルライト予防食品

年を重ねるつれ、ぼこぼことカラダに現れてくる脂肪の塊、セルライト。 セルライトを …