ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

界面活性剤の誤解

「界面活性剤」と聞くと、皮膚のバリア機能を壊して、体内に悪影響を及ぼしてしまう、という誤った理解をしている方も多いのではないでしょうか?

界面活性剤とは、水溶性と油溶性の両方を持っている物質で、水と油を混ぜる(乳化)作用があります。石鹸も界面活性剤の一種で、洗剤や化粧品をはじめとして食品やサプリメント、薬品など、一般的に広く利用されています。界面活性剤自体は、私たちのカラダにも存在し、とても優れた性質を持っていて、決して悪いものではありません。

でも、問題なのは界面活性剤の種類です。界面活性剤には様々な種類があり、自然界に存在する天然系ものと石油系から化学的に合成して作られているものがあります。その中で、私たちのカラダに悪影響を及ぼす危険性があるのは、「石油系の合成界面活性剤」です。

石油系の合成界面活性剤は、泡立ちが良く、洗浄力がとても強いので、多くのメイク落としや洗顔料に配合されていますが、肌のバリア機能を壊したり、タンパク質を破壊してしまう恐れがあります。

石油系の合成界面活性剤で代表的なのは、ラウリル硫酸ナトリウム、オレフィンスルホン酸ナトリウムなど。

食品にも使用されている天然系の界面活性剤には、レシチン、ショ糖脂肪酸エステルなどがあります。マヨネーズが油と分離しないのは、レシチンの作用です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
ファイブレージ・スキンの対処法

年齢には関係なく、現代人には避けられない様々な要因によって新陳代謝のリズムが乱れ …

no image
最近話題のミネラルメイク製品について

アメリカでは、どこの化粧品売り場でも必ず目にするミネラルメイク製品。 日本でも最 …

no image
チョコレートでダイエット

チョコレートは、一般的にカロリーが高く、糖分や脂肪分も高いので「チョコレートは太 …

no image
半身浴でキレイをゲット!

この時期、お肌の乾燥と体の冷えが気になりませんか? お肌の乾燥はシワやシミ、ニキ …

no image
パパイヤの抗ガン効果とは?

トロピカルフルーツの代表パパイヤには、古い角質を除去してお肌のターンオーバーを促 …

no image
あなたのニキビはどの種類?

「ニキビ」と言えば思春期にでき易いイメージがありますが、大人になってからもニキビ …

no image
カラダが生まれ変わる周期とは?

私たちのカラダは、体内に入った栄養素を消化・吸収して、絶えず新しい細胞が作られ、 …

no image
マイルを貯めて豊胸手術?

海外旅行や出張などでたまったマイル、皆さんはどのように利用していますか?マイルは …

no image
身体醜形障害って?

突然ですが、「身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい、BDD)」って知ってい …

no image
ふくらはぎのセルライト撃退法

エステに行った経験のある人ならご存知のように、エステではセルライトを揉みだすため …