ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

界面活性剤の誤解

「界面活性剤」と聞くと、皮膚のバリア機能を壊して、体内に悪影響を及ぼしてしまう、という誤った理解をしている方も多いのではないでしょうか?

界面活性剤とは、水溶性と油溶性の両方を持っている物質で、水と油を混ぜる(乳化)作用があります。石鹸も界面活性剤の一種で、洗剤や化粧品をはじめとして食品やサプリメント、薬品など、一般的に広く利用されています。界面活性剤自体は、私たちのカラダにも存在し、とても優れた性質を持っていて、決して悪いものではありません。

でも、問題なのは界面活性剤の種類です。界面活性剤には様々な種類があり、自然界に存在する天然系ものと石油系から化学的に合成して作られているものがあります。その中で、私たちのカラダに悪影響を及ぼす危険性があるのは、「石油系の合成界面活性剤」です。

石油系の合成界面活性剤は、泡立ちが良く、洗浄力がとても強いので、多くのメイク落としや洗顔料に配合されていますが、肌のバリア機能を壊したり、タンパク質を破壊してしまう恐れがあります。

石油系の合成界面活性剤で代表的なのは、ラウリル硫酸ナトリウム、オレフィンスルホン酸ナトリウムなど。

食品にも使用されている天然系の界面活性剤には、レシチン、ショ糖脂肪酸エステルなどがあります。マヨネーズが油と分離しないのは、レシチンの作用です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
ニキビの対処法

ニキビについては以前に何度もお話をしていますが、今回はその対処法をまとめてみまし …

no image
アンチエイジングとデトックス

「デトックス」、最近よく耳にするようになった言葉ですね。2005年あたりからにわ …

no image
衰えが気になるお肌に必要なもの

美しく年を重ねるためには、自然に老化してしまうお肌への毎日の正しいスキンケアが必 …

no image
ニキビの改善にも効果的なアミノ酸

お肌の細胞を作る原料となっているアミノ酸には、たくさんの素晴らしい美肌効果があり …

no image
30代から始まる、更年期障害のお肌

女性ホルモンの分泌量は、20代~30代が最も多く安定していますが、30代後半から …

no image
食べて中からもアンチエイジング

お肌もカラダの一部。外からのスキンケアだけでなく、日頃から食べ物に気をつけて、カ …

no image
楽しく飲んで、美肌力アップ

お酒の飲み過ぎは、肝臓に負担がかかり、ビタミン群をたくさん消費してしまうので、お …

no image
肌を美しく若々しく保つ、最も大切な栄養とは? vol.02

肌を美しく若々しく保つ、最も大切な栄養とはアミノ酸であると、前回お話し致しました …

no image
乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌からお肌を救う、天然クレイ・モンモリロナイト

・皆さんクレイ(粘土)を使ったスキンケアがあるのをご存知ですか? コスメに使われ …

no image
女性の肌は男性よりも早く老化する?

シワやシミ、たるみなどのお肌の老化には個人差がありますが、一般的に男性と比較して …