ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

パラベンは本当に危険なの?

今回は、アメリカの雑誌「Health」に掲載されていた記事をご紹介します。

最近化粧品の宣伝文句に「新しい」や「より効果的」という言葉よりも、「パラベンフリー(パラベン無使用)」と書かれているのをよく見かけます。パラベンとは何で、なぜそれが入っていないことを強調するのでしょう?

パラベンは1920年代から化粧品や洗面用品に防腐剤として広く使われてきました。パラベンはバクテリアの繁殖を防ぐために、極少量食品や薬にも配合されてきました。

最もよく使われるのが、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンです。

パラベンは安全かという質問の答は、聞く相手によって違っているようです。米国食品医薬局(FDA日本の厚生労働省のような役所)は、最近の実験の結果、パラベンは安全であると発表しています。

しかし、一部の専門家はこれに異論を出しています。フランスのモンテペリア大学による複数の実験によると、パラベンは女性ホルモンのエストロゲンのような働きをすることが分かったそうです。「このことは、血中にエストロゲンがあることによって、乳がん細胞が成長しやすいという懸念を持たせます」と皮膚科医のDr. Donofrio は言っています。

といっても、パラベン入りの化粧品を廃棄するべきだというほどの、十分な立証はないそうです。

パラベンに限らず、いま問題になっている美白成分のハイドロキノンにしても、日本だけではなく、アメリカでも利権争いと、その足の引っ張り合いの結果、色々な情報が作られている事実があります。

日本でもアメリカでも開発する立場の人は、パラベンを悪く言う人は本当の少数派です。しかし、消費者の目にはパラベンが悪者に映っているので、業界もパラベンフリーになっていることを知っていただきたいと思います。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
ニキビの対処法

ニキビについては以前に何度もお話をしていますが、今回はその対処法をまとめてみまし …

no image
ダイエットとお肌

ダイエットをする目的は?と聞かれたら、「キレイになるため」と答える女性が多いので …

no image
最近のプチ整形事情

ボトックスにヒアルロン酸、近年お顔に注入する”詰め物”も選べる時代になったようで …

no image
マイルを貯めて豊胸手術?

海外旅行や出張などでたまったマイル、皆さんはどのように利用していますか?マイルは …

no image
幸せになる方法

皆さんは、毎日をハッピーに過ごしていますか? ここ数年は、世界的に経済の景気も悪 …

no image
白ワインで歯が汚れやすくなる

お酒を飲む女性の50%がワインを最も好んで飲むそうです。 でも、ちょっと気になる …

no image
EGFとFGFとは?

アンチエイジングに大変効果的として人気急上昇中のEGFとFGF。多くの化粧品メー …

no image
アンチエイジングにいい栄養の摂り方

カラダの炎症を抑える食事 炎症を抑える食事をするというのは、炎症の原因になる食事 …

no image
アミノ酸でつやつや髪

お肌の角質層が水分の蒸発を防ぎ、お肌の潤いを保っているように、髪の毛を乾燥から守 …

no image
注目の細胞修復成分とは?

前回は、その強力な抗酸化作用で、アンチエイジング効果が期待されているフラボノイド …