ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

パラベンは本当に危険なの?

今回は、アメリカの雑誌「Health」に掲載されていた記事をご紹介します。

最近化粧品の宣伝文句に「新しい」や「より効果的」という言葉よりも、「パラベンフリー(パラベン無使用)」と書かれているのをよく見かけます。パラベンとは何で、なぜそれが入っていないことを強調するのでしょう?

パラベンは1920年代から化粧品や洗面用品に防腐剤として広く使われてきました。パラベンはバクテリアの繁殖を防ぐために、極少量食品や薬にも配合されてきました。

最もよく使われるのが、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンです。

パラベンは安全かという質問の答は、聞く相手によって違っているようです。米国食品医薬局(FDA日本の厚生労働省のような役所)は、最近の実験の結果、パラベンは安全であると発表しています。

しかし、一部の専門家はこれに異論を出しています。フランスのモンテペリア大学による複数の実験によると、パラベンは女性ホルモンのエストロゲンのような働きをすることが分かったそうです。「このことは、血中にエストロゲンがあることによって、乳がん細胞が成長しやすいという懸念を持たせます」と皮膚科医のDr. Donofrio は言っています。

といっても、パラベン入りの化粧品を廃棄するべきだというほどの、十分な立証はないそうです。

パラベンに限らず、いま問題になっている美白成分のハイドロキノンにしても、日本だけではなく、アメリカでも利権争いと、その足の引っ張り合いの結果、色々な情報が作られている事実があります。

日本でもアメリカでも開発する立場の人は、パラベンを悪く言う人は本当の少数派です。しかし、消費者の目にはパラベンが悪者に映っているので、業界もパラベンフリーになっていることを知っていただきたいと思います。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
タバコはキレイの大敵

喫煙が老化の原因になることは、皆さんよく知っていますよね。 タバコを吸うと、美肌 …

no image
シミ、美白ケアのポイント

紫外線が強まる春に向けて、スキンケアメーカー各社から続々と美肌製品が発売されてい …

no image
セルライト予防食品

年を重ねるつれ、ぼこぼことカラダに現れてくる脂肪の塊、セルライト。 セルライトを …

no image
ニキビに効くサプリとは?

「ニキビの改善には、甘いものや脂っぽいものを控えると良い。」など、食生活とニキビ …

no image
お肌を美しくする食品

最近、お肌を若々しく保つための食品として、このカリフォルニアで最も人気なのが、F …

no image
脚やせ!ふくらはぎのマッサージ

リンパをマッサージで老廃物を流れやすくした後は、いよいよ「脚やせ」のマッサージ方 …

no image
くすみを解消して透明感のある白肌に!

シミばかりに焦点を合わせてきましたが、美白でもうひとつ大切なのは「くすみ」対策。 …

no image
乾燥肌を変えるスキンケア

乾燥肌は、角質層の水分が足りない状態のお肌のことで、水分も皮脂も足りないタイプと …

no image
目のクマ、解消法!!

前回のトピックで、目の下のクマは、原因によって「青グマ」、「茶グマ」「黒グマ」の …

no image
シミができるメカニズム

一般的に言われている「シミ」とは、「色素沈着」のことで、過剰に作られたメラニン色 …