ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

紫外線対策のポイント

お肌が老化すると、シミやくすみ、シワ・たるみ、お肌の乾燥などが現われます。

お肌を老化させる原因の80%は紫外線による光老化。加齢に伴う老化は、実は、残りの20%くらい。ということは、紫外線からお肌を守ることで、お肌の老化の80%は防げるのです。

紫外線は、年中私たちに降り注いでいます。曇りや雨の日は、日差しが少ないので安心してしまいがちですが、曇りの日でも70〜80%の紫外線が降り注いでいますので、365日紫外線からお肌を守ることが大切です。

特に急激に紫外線の量が増える4月から9月頃までは、1年の中でもっとも紫外線が多く、年間紫外線照射量の70〜80%を占めます。この時期にしっかりと紫外線対策をしておかないと、後でシミやシワに悩むことになってしまいます。

1日の中では朝10時〜午後2時までが最も紫外線が多くなりますので、この時間帯はなるべく外出を控えるなどして、紫外線を浴びないように気をつけましょう。

また、紫外線の量は、標高が高くなるにつれて多くなりますので、山などへお出かけの時は、UVクリームの他にサングラスや帽子、日傘、薄手の長袖などを着るなどして、しっかり紫外線からお肌を守りましょう。

お肌のタイプによって紫外線に対する抵抗力が違います。

これから多くなる紫外線からお肌を守るには、自分の肌タイプにあった紫外線対策をしましょう。

お肌の色は、肌に存在するメラニン色素の量によって変り、個人差があります。

メラニン色素が多い人は肌の色が黒く、紫外線に対する抵抗力が強いと考えられています。

紫外線に対する抵抗力の違いは、大きく3つのタイプに分かれます。

タイプ1:色白。日光にあたるとすぐに赤くなり、その後黒く日焼けをしない。

タイプ2:普通の肌色。日光にあたると赤くなって、その後肌の色が黒っぽくなる。

タイプ3:色黒。日光にあたってもあまり赤くならずに、すぐに黒く日焼けする。

あなたはどのタイプですか?

次は、肌タイプにあった紫外線対策をご紹介します。

タイプ1の人は、最も紫外線のダメージを受けやすく、DNAが傷つきやすいので皮膚ガンになるリスクも高くなります。このタイプの人は、日頃から日焼け止めをしっかり塗り、帽子や日傘を使うなど、日差しを遮断する工夫をしましょう。

日光を浴びて赤くなってしまった時は、肌が赤くなるサンバーンを起こしているので、キュウリパックやお肌を冷やす作用のあるローションなどで直ぐにお肌を冷やすことが大切です。

タイプ2の人は、紫外線の刺激でメラニンの生成が活発になりますので、シミができ易くなります。日頃から、メラニンの生成を抑える作用があるビタミンC美容液を使用したり、ビタミンCが多く含まれる食品を積極的にとりましょう。

タイプ3の人は、紫外線に対する抵抗力が強く、DNAが傷つけられることはほとんどありませんが、メラニンの生成が活発になり、肌が黒っぽくなるサンターンを最も起こし易く、肌が乾燥してシミ、シワができ易くなります。日頃からビタミンCや水分保持力を高めるビタミンAなどを上手にスキンケアや食生活に取り入れましょう。

どのタイプでも、まずは紫外線をなるべく浴びないようにすることと、常に日焼け止めを使用することが大切です。

お肌を老化させる紫外線からお肌を守るには、とにかく紫外線を浴びないようにすることがポイントです。

私たちが一生の中に浴びる紫外線量の約50%は、18歳くらいまでに浴びてしまうと言われています。

子供時代から浴びた紫外線の量が多いほど、お肌の老化が早まります。そして、若い頃から蓄積された紫外線の量が10年、20年後にシミやシワなどの老化現象としてお肌に現われます。

シミやシワを作らないように、日頃から「紫外線を浴びない」工夫をしましょう。

帽子をかぶる帽子は、黒でつばが7センチ以上あるものを選びましょう。キャップの場合は、つばが10センチ以上あるものだと、顔の正面にあたる紫外線量の70%以上を防ぐことができるそうです。

日傘を利用する日傘も黒っぽい色で、UV加工がしてあるポリエステル素材ものが効果的です。また、なるべく柄を短くもって、顔に近づけるようにさすと防止効果が高まります。

サングラスをかけるUVクリームで紫外線を防いでいても、目から紫外線が入ると、お肌はメラニン色素を作ってしまいます。サングラスは、UVカット効果があるもので、薄い色のものが効果的です。濃い色は、瞳孔がひらいてしまうので、より多くの紫外線が入り込んでしまいます。

窓ガラスにUVフィルムを貼る室内にいても油断は禁物です。光老化の一番の原因となる紫外線A波(UV-A)は、窓ガラスを通り抜けてしまいますので、車や家の窓ガラスにはUVカット効果のあるフィルムを貼り、紫外線を遮断しましょう。

UVクリームを塗る日常生活で紫外線を完全に遮断することは難しいので、UVクリームを1年中使いましょう。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
アンチエイジングにいい栄養の摂り方

カラダの炎症を抑える食事 炎症を抑える食事をするというのは、炎症の原因になる食事 …

no image
ダイエットとお肌

ダイエットをする目的は?と聞かれたら、「キレイになるため」と答える女性が多いので …

no image
40代の間違ったスキンケア

40代以降は人柄が顔に表れると言われます。 日常の何気ない表情がシワとなって顔に …

no image
キレイをもたらす食べ物たち

カラダやお肌の健康と日常の食事とは深〜い関係があります。 私たちが食べたものがカ …

no image
注目の新フラボノイド成分!

ポリフェノールの一種のフラボノイドは、天然の植物に存在する化学物質の中でも最も強 …

no image
チョコレートは健康食品?

チョコレートの原料、カカオに含まれているポリフェノールの健康効果が発見されてから …

no image
紅茶でリラックス

古くから世界中の人々に親しまれている紅茶。その中でも特に、イギリス人は紅茶好きで …

no image
目のクマの種類と原因について

目の下に「クマ」ができていると、顔全体が疲れた感じに見えたり、老けて見られてしま …

no image
老化の要因とは?

今回は、アンチエイジングの専門家達の間で考えられている、老化の5大要因をご紹介い …

no image
マリンコラーゲンでぷるぷる肌

カラダを作っているタンパク質の約30%を占めるコラーゲンは、お肌にはなんと70% …