ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

陥りやすいUVクリームの誤解とは?

光老化の原因となる紫外線からお肌を守るためにUVクリームは一年中欠かせませんが、UVクリームが実際にどのくらい効果があるか知っていますか?

一般的に陥りやすいUVクリームの間違った認識について、専門家から伺った話をもとにご紹介します。

誤解1.サンスクリーンさえ付けていれば安全

ある皮膚学の大学教授曰く、サンスクリーンは日焼け防止のほんの一部としてしか機能しません。

「たっぷりと塗って、何もしないでいればかなり効果はありますが、それでも50%の危険性で日焼けをしてしまうでしょう。」

また「サンスクリーンだけでなく、午前10時から午後4時までは日陰を探して隠れなければなりません。また洋服でカラダを隠し、つばの大きな帽子を被って。」その上で定期的に皮膚検査をして、はじめて安全と言えるそうです。

誤解2.SPFの表示はUVBもUVAも守ることを意味している

SPF (sun protection factor)は、UVBから守る数値でしかありません。お肌を老化させるのは、UVAの方です。UVAからお肌を守るという意味では、現在オクトクリレン、酸化チタン、酸化亜鉛、(アメリカでは)Avobenzone、Mexoryl SXという成分が認められています。UVAからお肌を守る数値は、PAで表記され、PA+、PA++、PA+++の3段階に分かれます。UVクリームを選ぶ時は、SPFの数値だけでなく、PAの数値もチェックしましょう。

誤解3.サンスクリーンによっては、一日中効果が持続する

サンスクリーンはSPFの数値がどんなに高くても2、3時間おきに付け直す必要があります。なぜなら、有効成分自体が紫外線で分解し始めるからです。酸化亜鉛は長時間持続しますが、それ以外はやはり付け直しが必要でしょう。

誤解4.サンスクリーンはウォータープルーフ(撥水加工)が施されている

アメリカのFDAはウォータープルーフをサンスクリーンに使うことを認めていませんので、プールや海で何時間も遊ぶ時にその言葉は信用してはいけません。やはり数時間おきに塗り直す必要があります。

誤解5.サンスクリーンは紫外線を完全にブロックできる

SPF15で93%、SPF30で97%、SPF50で98%の防御率です。つまり、どんなサンスクリーンでも完璧には紫外線をブロックすることができないのです。また、SPF30とSPF50では、防御率にそれほど差がありません。効果的に紫外線を防ぐには、外出する30分前にサンスクリーンを塗って、しっかりと浸透させておくことが重要です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
大注目の新アンチエイジング成分

今、大人気の新しいアンチエイジング成分と言えば、EGFとFGF。 EGFは表皮細 …

no image
マッサージのススメ

1. 痛みが和らぐアメリカの健康機関の調査によると、針やカイロよりもマッサージの …

no image
運動不足がセルライトを作る?

「運動不足はリンパの循環を悪くします。」 リンパの循環が悪くなると、老廃物が溜ま …

no image
ストレスでブスになる?

年末は、仕事関係や友人、親戚などのお付き合いや家族行事などで何かと忙しく、ストレ …

no image
タバコが止められない本当の理由とは?

「タバコは100害あって一利なし」と言われるように、カラダにもお肌にも悪いことは …

no image
アミノ酸を飲むタイミングと飲む量とは?

アミノ酸サプリを摂取する一番理想的なの形は、液体化したアミノ酸をカプセルにして飲 …

no image
ニキビの対処法

ニキビについては以前に何度もお話をしていますが、今回はその対処法をまとめてみまし …

no image
ダイエットだけでは脚が細くならない理由

ダイエットをして体重が減って、上半身は細くなっても、下半身は変わらないという話は …

no image
トマトでシワが消える?

トマトに多く含まれている「リコピン」は、アンチエイジングに効果的として知られてい …

no image
お肌のpHバランスとは?

スキンケアで、「お肌のpHバランスを整える」というフレーズ、よく耳にしませんか? …