ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

陥りやすいUVクリームの誤解とは?

光老化の原因となる紫外線からお肌を守るためにUVクリームは一年中欠かせませんが、UVクリームが実際にどのくらい効果があるか知っていますか?

一般的に陥りやすいUVクリームの間違った認識について、専門家から伺った話をもとにご紹介します。

誤解1.サンスクリーンさえ付けていれば安全

ある皮膚学の大学教授曰く、サンスクリーンは日焼け防止のほんの一部としてしか機能しません。

「たっぷりと塗って、何もしないでいればかなり効果はありますが、それでも50%の危険性で日焼けをしてしまうでしょう。」

また「サンスクリーンだけでなく、午前10時から午後4時までは日陰を探して隠れなければなりません。また洋服でカラダを隠し、つばの大きな帽子を被って。」その上で定期的に皮膚検査をして、はじめて安全と言えるそうです。

誤解2.SPFの表示はUVBもUVAも守ることを意味している

SPF (sun protection factor)は、UVBから守る数値でしかありません。お肌を老化させるのは、UVAの方です。UVAからお肌を守るという意味では、現在オクトクリレン、酸化チタン、酸化亜鉛、(アメリカでは)Avobenzone、Mexoryl SXという成分が認められています。UVAからお肌を守る数値は、PAで表記され、PA+、PA++、PA+++の3段階に分かれます。UVクリームを選ぶ時は、SPFの数値だけでなく、PAの数値もチェックしましょう。

誤解3.サンスクリーンによっては、一日中効果が持続する

サンスクリーンはSPFの数値がどんなに高くても2、3時間おきに付け直す必要があります。なぜなら、有効成分自体が紫外線で分解し始めるからです。酸化亜鉛は長時間持続しますが、それ以外はやはり付け直しが必要でしょう。

誤解4.サンスクリーンはウォータープルーフ(撥水加工)が施されている

アメリカのFDAはウォータープルーフをサンスクリーンに使うことを認めていませんので、プールや海で何時間も遊ぶ時にその言葉は信用してはいけません。やはり数時間おきに塗り直す必要があります。

誤解5.サンスクリーンは紫外線を完全にブロックできる

SPF15で93%、SPF30で97%、SPF50で98%の防御率です。つまり、どんなサンスクリーンでも完璧には紫外線をブロックすることができないのです。また、SPF30とSPF50では、防御率にそれほど差がありません。効果的に紫外線を防ぐには、外出する30分前にサンスクリーンを塗って、しっかりと浸透させておくことが重要です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
「ザ・ヒルズ」のハイディは、身体醜形障害?

皆さんは、アメリカのMTV制作の大人気TVドラマ、「The Hills」(「ザ・ …

no image
あなたの肌はインナードライ?

最近にわかに注目されるようになったインナードライ肌。皮脂の分泌が多いから混合肌や …

no image
食べて中からもアンチエイジング

お肌もカラダの一部。外からのスキンケアだけでなく、日頃から食べ物に気をつけて、カ …

no image
コーヒーはカラダに悪いの?それとも良いの?

「コーヒーはカラダに良くない」とか「発ガン性がある」など、何かとマイナスのイメー …

no image
紫外線対策のポイント

お肌が老化すると、シミやくすみ、シワ・たるみ、お肌の乾燥などが現われます。 お肌 …

no image
頭皮マッサージで顔のたるみが消えた!?

年齢とともに気になる「シワ」やフェイスラインの「たるみ」。一生懸命にお顔のお手入 …

no image
美肌は眠っている間に作られる

「睡眠不足は美容の大敵!!」と、よく言われますよね。夜更かしをした日の翌朝は、フ …

no image
女性の白髪の原因は遺伝?

ユニリーバの研究者達が発表した最近の研究によると、女性の白髪の原因は、ストレスや …

no image
肌を美しく若々しく保つ、最も大切な栄養とは? vol.02

肌を美しく若々しく保つ、最も大切な栄養とはアミノ酸であると、前回お話し致しました …

no image
毛穴の開きや黒ずみ、アミノ酸で解消!

年齢とともに気になる毛穴の開きや黒ずみもアミノ酸は効果的です。 毛穴の開きや黒ず …