ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

UVクリームの正しい選び方

UVクリームを正しく選ぶために、まず紫外線についてお話します。

肌に悪影響を及ぼす紫外線は、UVA(A波 Ultraviolet A)とUVB(B波 Ultraviolet B)の2種類があります。

UVAは、サンタンという、肌が黒っぽくなる日焼けを引き起こします。このUVAは、お肌の表皮を通過して、お肌の奥深くにある真皮まで達し、ジワジワとお肌のハリや弾力の元になるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。このため、お肌が老化して、シワやたるみ、シミが発生します。

一方、UVBはサンバーンという肌が赤くなる日焼けを起こす紫外線です。UVBはエネルギーが強く、お肌の表面に炎症を起こし、皮膚ガンやシミの原因になります。

では、本題のUVクリームの正しい選び方についてご紹介します。

UVクリームに配合されている紫外線防止剤には、微粒子によって紫外線を反射、散乱して紫外線を防ぐものと、紫外線を吸収して防ぐものの2つに大きく分かれます。

紫外線散乱剤は、肌への刺激が少ない成分で、主に酸化チタンや、酸化亜鉛があります。長時間の使用やUVBのような強い日差しには適応力が弱く、肌に白浮きするという欠点がありますが、敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方は、紫外線散乱剤だけで作られているもの(よく「ノンケミカル」と表示されています。)が良いでしょう。

紫外線吸収剤は、紫外線カット効果がとても高いのですが、お肌の弱い人は、刺激になったり、お肌の負担となる場合があります。主にオキシベンゼンやパラアミノ安息香酸、ジベンゾイルメタン誘導体などがあり、SPFやPA値の高いものに多く使用されています。

紫外線吸収剤が多く配合されているSPF値やPA値の高いUVクリームの長時間の使用は控えましょう。また、通常の洗顔では落ちにくいので、必ず専用のクレンジングを使用しましょう。

日焼け止めを選ぶときは、まずSPFという表示をチェックすると思いますが、これは、UVBに対する防御効果を指数化したものです。何も塗らない時と比べて日焼けを起こす時間を何倍延ばせるかを表したものです。

SPFは10〜50の数値で表し、何も塗らない状態だと20分で日焼けをする人が、SPF30を使用した場合、日焼けを起こすまで約10時間かかる事になります。ですが、実際は有効成分自体が分解しはじめるので、どんなに指数が高くても2、3時間おきに付け直すことが必要です。

また、UVAに対する防御効果を指数化したPAは、PA+(防止効果がある)、PA++(防止効果がかなりある)、PA+++(防止効果が非常にある)で表示されています。

SPFやPA値は、指数が高くなるにつれお肌への負担も大きくなりますので、日常生活では、SPF15〜30、PA+〜PA++のものを使用すると良いでしょう。色白で肌が直ぐ赤くなるタイプの方は、紫外線に対する抵抗力が弱いので、SPF20〜30、PA++が良いでしょう。

海や山へのレジャーには、SPF40〜50、PA+++のものをそのときだけ使用して、数値の高いものの日常使いは控えましょう。

日焼け止めはSPF20の下地をぬり、その上にSPF30のファンデーションをぬったらより長時間持つかというと、そういうことではありませんのでご注意。

ポイントは、こまめにつけ直すことです。ファンデーションがよれたりして、日焼け止めをつけ直しにくい方は、ミネラル100%のファンデーションの使用がオススメです。ミネラルには紫外線を拡散する効果がありますので、SPF15〜20くらいの効果があります。

とにかく、日焼け止めは1年中ということ、忘れないでくださいね!

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
ダイエットは悲観的に考えた方が成功する!?

ダイエット(痩せるという意味で)をする時に、ポジティブシンキング(Positiv …

no image
良質な睡眠をもたらすアミノ酸とは?

私たちのお肌やカラダは、何十万種類にも及ぶたんぱく質で作られています。そのたんぱ …

no image
13歳でフェイスリフト?

フェイスリフトは、顔のお肌のたるみやシワを改善するアンチエイジング法として、人気 …

no image
脚をむくませない方法

マッサージをしてむくみが取れても、油断をしていると、またむくみは再発してしまいま …

no image
ティーバックで目の下のむくみを解消

お酒を飲みすぎてしまったり、塩分の高い食べ物を食べすぎたり、疲れたりすると、目の …

no image
あなたの肌はインナードライ?

最近にわかに注目されるようになったインナードライ肌。皮脂の分泌が多いから混合肌や …

no image
アンチエイジングにいい栄養の摂り方

カラダの炎症を抑える食事 炎症を抑える食事をするというのは、炎症の原因になる食事 …

no image
美肌は眠っている間に作られる

「睡眠不足は美容の大敵!!」と、よく言われますよね。夜更かしをした日の翌朝は、フ …

no image
カラダが生まれ変わる周期とは?

私たちのカラダは、体内に入った栄養素を消化・吸収して、絶えず新しい細胞が作られ、 …

no image
敏感肌のあなたが気をつける事

あなたのお肌は敏感肌ですか? お肌が赤くなりやすいですか? もしそうなら、レチノ …