ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

ニキビの対処法

ニキビについては以前に何度もお話をしていますが、今回はその対処法をまとめてみました。ニキビに悩む多くの方々の参考にしていただければ幸いです。

ニキビの直接の原因は、『皮脂の過剰分泌』と『分泌した皮脂が毛穴のつまってしまうこと』であることは皆さんご存知だと思います。

ニキビには大人のニキビといわれるものと、思春期のニキビといわれるものに分けられることがあります。

直接の原因が同じであっても、そこにいたるまでの大元の原因が皆さん違っているのです。

まず始めに皆さんが考えなければならないことは、大元の原因になっているものが何であるかということです。

お肌はシミやしわ、ニキビの原因になっている環境に常にさらされています。たとえ、何かのお薬が効いてニキビが治っても、大元の原因を改善せずに放っておけば、またニキビは戻ってきてしまいます。

そういった意味でも、対処的な方法や製品にばかりに気をとらわれず、生活を改善して、ニキビができにくい環境づくりをすることが同時に必要になります。

ニキビの元となる原因

ストレス(全般)不規則な食生活睡眠不足紫外線便秘ホルモンバランスの変化過剰なメイク間違ったスキンケア

これだけの原因をみると、ニキビだけではなく、肌荒れ全般の原因と同じであることがお分かりになると思います。ニキビの改善のポイントは外から付ける薬やスキンケアだけではなく、中からの改善が大切であることがお分かりいただけますよね。

【ニキビ跡の問題】ニキビのもう一つの大きな問題は、早い段階でケアできないと、そこの部分にメラニン色素が発生して、お肌の色を変えてしまったり、更に悪化すると、クレーターのような穴を開けてしまい、お顔の表面をでこぼこにしてしまうことです。

【ニキビの対処法】冒頭に大元の原因を考えると提案しましたが、ストレス、不規則な食生活、睡眠不足は現代人(特に都会生活者)の3拍子ともいえて、これらが簡単に改善できる方法を提案したら、ニキビで悩む人だけではなく世界中から感謝されるでしょう。

と、それぐらい難しいことです。

しかし、完璧にやろうとすると大変ですが、まず誰でもできることから始めてみてはいかがでしょう。

(1) ストレスの解消ストレスというのは、対人関係や仕事の悩みだけではなく、外的、内的に非常に広い範囲をさす言葉です。これを解決する方法はこの小さな四角の中には書ききれませんが、一つだけ一番簡単な方法を提案したいと思います。

「深呼吸」です。どこでも、いつでもできます。鼻から息を数を数えながらゆっくりと6数えます。息を止めて3、また鼻からゆっくりと吐きながら6、息を止めて3。これを3セットやってみてください。目を閉じてできれば尚効果的です。深呼吸はけっしてばかにできなくて、それだけで落ち着かせる神経伝達物質のセロトニンの分泌が増えることも証明されているんですよ。

(2) 不規則な食生活何を食べるべきか、何を食べるべきでないかは、別の機会にじっくり書くとして、一番簡単な方法をひとつ提案するとすれば、「きれいな水」を飲むことです。水道の水(特に東京都の水)ではなく、きちんと濾過した水やエビアンなどボトルウォーターを常にチビチビと飲むことです。2リットルとよく言われますが、2リットルと決めるとそれがストレスになりますし、冷蔵庫で冷えた水を一気にごくごく飲んでもカラダが吸収できないので、常温の水をチビチビと常に飲んでいるように心がけてみてください。

お肌は眠っている間に傷んだ細胞を修復し、新しい細胞を再生しています。睡眠不足になると、ターンオーバー(細胞の新陳代謝)がスムーズにできなくなり、ニキビや肌荒れ、お肌の老化を引き起こしてしまいますので要注意。

(3) 睡眠不足これは努力しようとすれば、かなり改善できる可能性があります。遅くても12時までにベッドに入ることは、それほど難しくないでしょう。夜遅くまでテレビやコンピューターにかじりついている人は、就寝の1時間前にはスイッチを切って、間接照明にしましょう。テレビやコンピューターから出る光や、蛍光灯のような白くまぶしい光は、日光と同じ性質がありますので、体内時計が上手くお休みモードに切り変わらなくなってしまいます。

問題は、不眠症や睡眠無呼吸症に悩む人の改善法です。詳しくは別の機会にじっくり書くとして、一つできる方法をご紹介します。アミノ酸のトリプトファンとレシチンの摂取です。これは眠り易くする神経伝達物質のセロトニンと、眠ってから朝までのリズムを整えてくれる神経伝達物質のアセチルコリンの原料です。

この両方のアミノ酸を摂取して眠りを促進する簡単な方法は、ずばりホットココアを飲むことです。ココアにはテオブロミンという神経細胞を刺激する成分が含まれていて、ミルクのなかのプロテインに含まれるトリプトファンとレシチンを、必要な神経伝達物質にかえる助けをしてくれます。また、ミルクに含まれるカルシウムには、脳がトリプトファンからメラトニンを作るのを助け、神経を鎮める作用があります。

「間違ったスキンケア」がニキビの原因となっていることもあります。今回は、ニキビ対策に効果的なスキンケアをご紹介します。

ニキビ対策に効果的なスキンケア

(1) お肌に優しい洗顔

ニキビの改善には、お肌に刺激をなるべく与えないように、やさしく洗顔することと、保湿を十分にすることが大切です。

スクラブ入りの洗顔料は、刺激を与えてしまいますので、炎症をさらに悪化させてしまう可能性があります。

また、脱脂力が強いオイルタイプのクレンジングは、お肌に必要な皮脂までもとってしまい、乾燥をまねくため、かえって皮脂の分泌を促進して、ニキビを増やしてしまう可能性があります。

オススメなのは、天然のクレイが主成分の洗顔料です。クレイは、毛穴の汚れや過剰な皮脂だけを除き、肌に必要な潤いは残すので、お肌の大切なバリア機能が守られます。

ニキビケア用の洗顔料は、脱脂力の強いものや、刺激を与えてしまうようなものが多くありますが、初期症状であれば、お肌に刺激の少ない洗顔料をお使いになって、よくお水で何回も何回もすすがれることをお勧めします。もちろん、洗う際はごしごし洗うのは禁物です。

また、メイク製品を長時間つけていると、ふさがった毛穴にニキビ菌が繁殖してしまい、ニキビの原因となりますので、メイクはできるだけ直ぐに落としましょう。

(2)保湿をしっかりする

洗顔をした後は、直ぐにたっぷり保湿をすることがポイント。優しくじっくり時間をかけて、たっぷりローションを浸透させましょう。

お肌の水分が不足してくると、お肌をまもるバリア機能が弱くなり、外からの刺激に対して炎症を起こしやすい状態になってしまいます。

紫外線の影響も受けやすくなりますので、メラニンが過剰に作られ、ニキビ跡やシミの原因にもなります。

また、お肌が乾燥して角質が硬くなったり、乱れたりすると、水分の蒸発を防ごうとして皮脂分泌が増えてしまいます。

オススメなのは、週に2回のローションパック。ローションパックの方法は、専用のシートマスクや大きめのコットンにローションをたっぷり含ませて、お肌におきます。その上からラップをするとより効果的です。パックは3分間くらいで大丈夫です。

それ以上長くパックをするとシートやコットンが乾燥して逆にお肌の水分を吸い取ってしまいますのでご注意。

特に大人ニキビのスキンケアは、とにかく「保湿」と覚えておいてくださいね。

お肌に優しい洗顔と保湿の他に効果的なのが、ビタミンCの美容液です。特にニキビ対策には、オイル成分が少ない美容液やゲルタイプのビタミンC配合の製品がオススメです。

(3) ビタミンCの美容液

ニキビの直接的な原因となる皮脂の過剰な分泌を抑えて、炎症を鎮める抗菌・殺菌作用もあるビタミンCがニキビの改善にはとても効果的です。

また、ニキビ跡の色素沈着やシミの原因になるメラニン色素の生成を抑え、血行を良くして、お肌のターンオーバーを促進する作用もありますので、ニキビ跡をなめらかにしてくれる効果もあります。

ビタミンCは、お肌の万能美容液と言われるように、その他にもお肌のハリと弾力を保つコラーゲンの生成を助ける働きや老化の原因になる活性酸素を防ぐ働きもありますので、アンチエイジング効果も期待できます。

ビタミンCは、もちろんサプリメントや食事の中から摂取することも大変有効ですが、栄養分としてカラダから吸収されたビタミンCがお肌の細胞まで回ってくるには時間がかかりますので、スキンケア製品で外からもビタミンCを補給しましょう!

ニキビの改善は外からと内からの両面からの改善が必要です。 次は、食事によるニキビの対処法をご提案します。

まずは、今の食生活を見直しましょう。外食が多い人は、外食の回数を減らし、就寝2〜3時間前には夕食を食べ終えるようにしましょう。また、朝食はスキップせずに、1日3回、規則正しく、栄養バランスの良い食事を摂り、食べすぎないように注意しましょう。

特にニキビ対策に効果的なのは、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEが多く含まれている食事です。

ビタミンAが豊富な食品:にんじん、春菊、ほうれん草、ニラ、レバーなど

ビタミンB2が豊富な食品:レバー、酵母、牛乳、ほうれん草、納豆、焼き海苔、干ししいたけ、卵など

ビタミンB6が豊富な食品:レバー、大豆、穀類、さば、まぐろ、卵、鶏肉など

ビタミンCが豊富な食品:オレンジ、レモン、柿、キウイ、パセリ、ブロッコリー、ピーマン、キャベツ、小松菜など

ビタミンEが豊富な食品:アーモンド、あんこうの肝、すじこ、いくら、いわし、たらこ、モロヘイヤなど

また、肌の細胞を作る原料となっているアミノ酸には、たくさんの美肌効果があり、ニキビの改善にも効果的です。アミノ酸には、皮脂の分泌量を調節する作用や、お肌のバリア機能を向上して、お肌の酸化や炎症を抑える作用があります。また、ニキビの原因、アクネ菌を抑制する作用もあります。

食事からでは十分にこれらのビタミンやアミノ酸を補給できない場合は、サプリを利用するのも効果的です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
加齢は本当の老化の原因じゃない?

お肌の老化が進む速度や、老化の現れ方には個人差がありますが、老化の原因は、「加齢 …

no image
アンチエイジングにいい栄養の摂り方

カラダの炎症を抑える食事 炎症を抑える食事をするというのは、炎症の原因になる食事 …

no image
タバコはキレイの大敵

喫煙が老化の原因になることは、皆さんよく知っていますよね。 タバコを吸うと、美肌 …

no image
毛穴を目立たせないお手入れ

最近、洗顔後にお肌のツッパリを感じたり、ファンデーションをつけても「毛穴」が気に …

no image
脚やせ!ふくらはぎのマッサージ

リンパをマッサージで老廃物を流れやすくした後は、いよいよ「脚やせ」のマッサージ方 …

no image
お肌のバリア機能を高める方法

トラプルのないキレイなお肌は、角質層の一番外側にある保護膜のバリア機能が働いて、 …

no image
Very ベリーで老化防止

ヒアルロン酸、サリチル酸、グリコール酸、アスコルビン酸などは、お肌の老化防止に有 …

no image
40歳からのスキンケア法

お肌が老化する一番の原因は、実は、加齢ではなく、紫外線による光老化なんです。特に …

no image
インナードライ肌のお手入れ法

前回のトピックで、インナードライ肌のチェックしてみましたか?洗顔後、お肌の「つっ …

no image
ファイブレージ・スキンとは?

シワやシミ、たるみ、くすみ、乾燥などの肌トラブルは、年齢とともに現われるお肌の老 …