ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

ファイブレージ・スキンの対処法

年齢には関係なく、現代人には避けられない様々な要因によって新陳代謝のリズムが乱れ、肌の機能が低下し、自己修復力を失ってしまった、お肌がファイブレージ・スキン。

今回は、ファイブレージ・スキンの改善法と予防法をご紹介します。

1.紫外線からお肌をまもる曇りや雨の日でも、年中紫外線は降り注いでいるので、UVクリームを365日使用しましょう。日常使いのUVクリームを選ぶポイントは、SPF30以上は紫外線の防御率にあまり差がないので、数値に惑わされずにお肌に優しいものを選びましょう。SPF30以上になると数値が上がるほどお肌への負担が大きくなります。また、実際にはどんな数値でも2−3時間おきに塗るのが効果的です。

2.お肌の乾燥を防ぐお肌のバリア機能を守る天然のクレイが主成分の洗顔料を選びましょう。洗顔後は、化粧水でたっぷり水分を補給して、コラーゲンやヒアルロン酸が配合された化粧品で保湿効果を高めましょう。また、良質な水をたくさん飲んでカラダの中からも水分を補給することが大切です。

3.ストレスを溜めない

運動はストレスの特効薬と言われますので、適度な運動を心がけましょう。特にオススメなのがヨガです。ヨガは自律神経のバランスを整え、血行を促進して、基礎代謝を高めます。また、半身浴も血行を促進して、リラックス効果が期待できます。

4.繊維芽細胞を活性化させる

ファイブレージ・スキンは、お肌のハリや弾力のもととなるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す工場、繊維芽細胞が衰えてしまうため、お肌の老化現象が現われます。

繊維芽細胞を活性化させる成分

ビタミンC美肌の万能美容液。ビタミンCが真皮層に届けられると、繊維芽細胞を活性化してコラーゲンを生成します。また、活性酸素を抑制したり、お肌のターンオーバーを促進します。

レチノールしわとりに効果的として人気のレチノールは、表皮細胞の再生を促進して、角質層の保湿力を高めます。また、繊維芽細胞を活発にする働きもあるといわれています。

EXポリリン酸FGF(繊維芽細胞増殖因子)の働きを活発にして、繊維芽細胞を増殖します。また、コラーゲンの生成を促進する効果もあります。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
お腹を引き締める呼吸法

現在のパワーヨーガの源流ともなっているアシュタンガヨーガと、スポーツのストレッチ …

no image
化粧品でアンチエイジングは本当に可能か?

化粧品でアンチエイジングは本当に可能か? 化粧品の業界で、「アンチエイジング」と …

no image
老化防止フルーツ、ザクロについて

ポメグラネート(ザクロ)が老化防止に効果があることは良く知られていますよね。 坑 …

no image
レチノールでアンチエイジング

ピュアビタミンAのレチノールは、ここ最近、アンチエイジングに効果的な成分として、 …

no image
UVクリームの正しい選び方

UVクリームを正しく選ぶために、まず紫外線についてお話します。 肌に悪影響を及ぼ …

no image
笑いは美肌の秘訣?

みなさん、毎日笑って過ごしていますか? 「笑う」ことは、健康に良いと言いますよね …

no image
若く見える人は長生きする?

実年齢よりも若く見られる人って得ですよね。デンマークで発表された最近の研究による …

no image
肌細胞が若返る成分とは

最近では、世界中でアンチエイジングの研究が盛んに行われています。お肌の老化を予防 …

no image
大人ニキビ?実は「酒さ」かも?

お肌にお酒を飲んで赤くなったような赤みや、赤いアザのような紅班ができてなかなか消 …

no image
頭皮マッサージで顔のたるみが消えた!?

年齢とともに気になる「シワ」やフェイスラインの「たるみ」。一生懸命にお顔のお手入 …