ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

30代から始まる、更年期障害のお肌

女性ホルモンの分泌量は、20代~30代が最も多く安定していますが、30代後半から40代になると、女性ホルモンが減少し、ホルモンのバランスが乱れます。

女性ホルモンのバランスが崩れると、自律神経が乱れ、体に様々な障害を引き起こしてしまいます。これが一般的に「更年期障害」と言われているものです。

女性ホルモンとお肌には密接な関係がありますので、女性ホルモンのバランスが崩れるとお肌にもいろいろな悪影響を及ぼします。

女性ホルンモンの種類にはエストロゲンと黄体ホルモンがあります。エストロゲンには細胞内に水分を貯留する働きや、コラーゲンを作る線維芽細胞を活性化する働きがあります。女性ホルンモンが減少する更年期障害のお肌は、エストロゲンが減少するため、お肌が乾燥し、お肌のハリや弾力も失われます。

たんぱく質を作るアミノ酸は、エストロゲンやコラーゲンの原料になりますので、サプリメントなどで体の内側から、積極的にアミノ酸を補給しましょう。

スキンケアでは、お肌の保湿力を高めるために、スクラブやパックなどで定期的に古い角質を除去したり、レチノールやビタミンC配合の美容液でお肌のターンオーバーを促進しましょう。また、保湿効果の高いヒアルロン酸配合のゲルでしっかり保湿をすることもおすすめです。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
身体醜形障害って?

突然ですが、「身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい、BDD)」って知ってい …

no image
ニキビのお手入れ方法

前回のトピックで、ニキビの段階と種類についてご紹介しましたが、今回は、ニキビのお …

no image
ストレスの解消法

皆さんは、ストレスをどのように解消していますか? ストレスの種類や度合いなどは、 …

no image
あっという間に見た目年齢が若返る!

フェイスリフトやボトックス注入などをしなくても、メイク方法やヘアスタイルを変えて …

no image
朝のカフェラテ感覚でお肌にもカフェラテ・スリミングクリーム

お肌にラテと言っても、コーヒーをそのまま塗るわけではありません。 脂肪分解を助け …

no image
美肌作りにコラーゲンって、ほんと?

コラーゲンはお肌のハリや弾力を保つ、アンチエイジングや美肌に欠かせない成分として …

no image
界面活性剤の誤解

「界面活性剤」と聞くと、皮膚のバリア機能を壊して、体内に悪影響を及ぼしてしまう、 …

no image
肌を美しく若々しく保つ、最も大切な栄養とは? vol.02

肌を美しく若々しく保つ、最も大切な栄養とはアミノ酸であると、前回お話し致しました …

no image
ニキビの改善に期待度大!!BHAピーリングとは?

酸性のピーリング剤を塗って、古くなった角質や表皮の表面を取り除くケミカルピーリン …

no image
シミ予防に知っておきたいこと

シミができる最大の原因は紫外線ですが、他にはホルモンバランスの乱れや、皮膚の炎症 …