ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

化粧品でアンチエイジングは本当に可能か?

化粧品でアンチエイジングは本当に可能か?

化粧品の業界で、「アンチエイジング」という言葉が使われるようになって久しいのですが、果たして、アンチエイジング=抗老化は、現実に今の科学で可能なのでしょうか?

答えは、 部分的に可能と申し上げておきましょう。

お肌の中にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす細胞の『 繊維芽細胞 』 が年齢とともに減少すると、お肌は輝き、瑞々しさ、ハリを失います。

また年齢とともに肌細胞を作るサイクル、つまり再生が遅れるようになると、古い肌細胞が居座るようになります。簡単に言えばこれがお肌の老化です。

お肌のアンチエイジングとは、この『 繊維芽細胞 』を増やすことと、新しい肌細胞を増やすことなのです。

『 繊維芽細胞 』を増やす役割をする物質が【FGF】、肌細胞を増やす役割をする物質が【EGF】で、もともと両方とも体内に存在するのです。

特にEGFは、アメリカのスタンレー・コーエン博士がノーベル賞を受賞して有名になりました。

しかし、両方とも化粧品に配合するのには大きな問題を抱えています。

『 繊維芽細胞 』を増やす役割をする物質が【FGF】は非常に壊れやすい上に、真皮内にしか受容体が存在しないため、肌の上から「塗る」だけでは、効果はまったく発揮しません。

【EGF】も同様で、非常に壊れやすい上に、角質を通過して、表皮に届けなければ効果は発揮できません。

根本的に【FGF】も【EGF】も水溶性ですから、アブラの皮膜で覆われたお肌に浸透しないのです。

ですから、【FGF】も【EGF】も効果を発揮させるためには、お肌の奥まで届けることができる浸透技術が絶対に必要なのです。

なんとか協会に認定されているEGF化粧品、本来の効果をどうやって発揮するつもりでしょう?

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
お肌の万能美容液ビタミンCで美白!

美肌の万能成分、ビタミンC。抗酸化成分、コラーゲン増加作用など、美白効果以外にも …

no image
肌を美しく若々しく保つ、最も大切な栄養とは? vol.03

前回の記事で、アミノ酸のサプリを摂っても吸収させなければ意味がないことをお話しし …

no image
シミができるメカニズム

一般的に言われている「シミ」とは、「色素沈着」のことで、過剰に作られたメラニン色 …

no image
レチノールで顔のテカリや乾燥を解消!?

最近、レチノールという成分をよく耳にしませんか?アンチエイジングに効果的な成分と …

no image
美容と健康に必要な睡眠法

睡眠は、お肌を修復し、再生する「美肌の素」となるだけでなく、カラダや脳の疲れを回 …

no image
マッサージのススメ

1. 痛みが和らぐアメリカの健康機関の調査によると、針やカイロよりもマッサージの …

no image
アミノ酸を補給して老化しないお肌になる

前回は、アミノ酸の持つ美白効果についてご紹介しましたが、今回は、アミノ酸のアンチ …

no image
シミの原因と対策

シミの原因は、紫外線やお肌の老化、ストレス、ホルモンバランスなどが一般的ですが、 …

no image
陥りやすいUVクリームの誤解とは?

光老化の原因となる紫外線からお肌を守るためにUVクリームは一年中欠かせませんが、 …

no image
肌再生能力が甦るノーベル賞受賞成分とは

最近よく「EGF」という言葉を耳にしませんか? EGFは、アメリカの生物学者スタ …