ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

化粧品でアンチエイジングは本当に可能か?

化粧品でアンチエイジングは本当に可能か?

化粧品の業界で、「アンチエイジング」という言葉が使われるようになって久しいのですが、果たして、アンチエイジング=抗老化は、現実に今の科学で可能なのでしょうか?

答えは、 部分的に可能と申し上げておきましょう。

お肌の中にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす細胞の『 繊維芽細胞 』 が年齢とともに減少すると、お肌は輝き、瑞々しさ、ハリを失います。

また年齢とともに肌細胞を作るサイクル、つまり再生が遅れるようになると、古い肌細胞が居座るようになります。簡単に言えばこれがお肌の老化です。

お肌のアンチエイジングとは、この『 繊維芽細胞 』を増やすことと、新しい肌細胞を増やすことなのです。

『 繊維芽細胞 』を増やす役割をする物質が【FGF】、肌細胞を増やす役割をする物質が【EGF】で、もともと両方とも体内に存在するのです。

特にEGFは、アメリカのスタンレー・コーエン博士がノーベル賞を受賞して有名になりました。

しかし、両方とも化粧品に配合するのには大きな問題を抱えています。

『 繊維芽細胞 』を増やす役割をする物質が【FGF】は非常に壊れやすい上に、真皮内にしか受容体が存在しないため、肌の上から「塗る」だけでは、効果はまったく発揮しません。

【EGF】も同様で、非常に壊れやすい上に、角質を通過して、表皮に届けなければ効果は発揮できません。

根本的に【FGF】も【EGF】も水溶性ですから、アブラの皮膜で覆われたお肌に浸透しないのです。

ですから、【FGF】も【EGF】も効果を発揮させるためには、お肌の奥まで届けることができる浸透技術が絶対に必要なのです。

なんとか協会に認定されているEGF化粧品、本来の効果をどうやって発揮するつもりでしょう?

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
髪に輝きをもたらす成分とは?

髪に輝きをもたらしてくれるシャンプーやコンディショナーは、どんなヘアタイプにも有 …

no image
ファイブレージ・スキンの対処法

年齢には関係なく、現代人には避けられない様々な要因によって新陳代謝のリズムが乱れ …

no image
女性の白髪の原因は遺伝?

ユニリーバの研究者達が発表した最近の研究によると、女性の白髪の原因は、ストレスや …

no image
紫外線予防と保湿ケアでアンチエイジング!

お肌の老化の一番大きな原因は、実は、加齢ではなく紫外線によるお肌のダメージ。シワ …

no image
マリンコラーゲンでぷるぷる肌

カラダを作っているタンパク質の約30%を占めるコラーゲンは、お肌にはなんと70% …

no image
脚をむくませない方法

マッサージをしてむくみが取れても、油断をしていると、またむくみは再発してしまいま …

no image
陥りやすいUVクリームの誤解とは?

光老化の原因となる紫外線からお肌を守るためにUVクリームは一年中欠かせませんが、 …

no image
美肌は眠っている間に作られる

「睡眠不足は美容の大敵!!」と、よく言われますよね。夜更かしをした日の翌朝は、フ …

no image
女性の肌は男性よりも早く老化する?

シワやシミ、たるみなどのお肌の老化には個人差がありますが、一般的に男性と比較して …

no image
老化の正体、光老化にご用心

前回のトピックで、お肌の老化は、実は加齢ではなく、紫外線が一番大きな原因というこ …