ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

EGFとFGFとは?

アンチエイジングに大変効果的として人気急上昇中のEGFとFGF。多くの化粧品メーカーからアンチエイジング対策としてEGFやFGF配合の製品が続々と新発売されていますが、実際にどんな成分でどのような効果があるのでしょうか?

まずは、EGFからお話したいと思います。EGFとは、Epidermal Growth Factor(表皮細胞増殖因子)の略で、お肌の表皮細胞を増殖する作用があります。

この成分は、アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士らにより発見されました。この発見でスタンレー・コーエン博士は1986年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。

EGFは、火傷治療など皮膚の細胞再生のために医療で幅広く利用されています。日本では、2005年にはじめて化粧品に配合する事が厚生省で認可され、新しい細胞の生成を促進するアンチエイジング成分として人気が高まっています。

EGFの分泌量は、20代後半から急激に年齢とともに減少することにより、肌細胞の再生能力が衰えて、お肌が老化していきます。このため、20代後半からはEGFをお肌に与えることでお肌の老化防止になると考えられています。

しかし、EGFは親水性が高く、単純にお肌の上から塗っただけでは、バリア膜である角質層を通過することができません。EGFは角質層を超えて表皮細胞に届けなれないと効果を発揮できませんので、表皮細胞まで浸透させることが大切です。

FGFとは(Fibroblast Growth Factor)の略で、線維芽細胞増殖因子です。EGFが角質層の下の表皮で作用し、表皮細胞の再生を促進するのに対し、FGFは表皮のさらに奥にある真皮で作用し、線維芽細胞を増殖します。

「アンチエイジング対策では、線維芽細胞を活発にすることが大切。」最近、このようなことを聞いたことがありませんか?

アンチエイジングのポイントとなるこの線維芽細胞とは何でしょうか?

線維芽細胞は、私たちのお肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す源で真皮を作っています。コラーゲン、エラスチンは肌のハリ、弾力を保ちます。ヒアルロン酸は、真皮の水分を保ちます。

線維芽細胞は20歳をピークに減少し、活力も低下していきます。40歳には30%〜40%程度に減少してしまいますので、ハリや弾力のある若々しいお肌を保つには、活発な線維芽細胞を増やすことが大切です。

FGFは、このお肌にとっても大切な線維芽細胞を増殖するので、アンチエイジングには大変効果的です。しかし、FGFも単純にお肌の表面に塗るだけでは、効果がえられません。FGFは、線維芽細胞のあるお肌の真皮層に浸透してはじめて、その効果が発揮できるのです。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
体のニキビ、三つの原因とは?

顔だけでなく、体にもできるニキビ。体のニキビを引き起こしたり、悪化させたりするの …

no image
顔のむくみがなくなりました!

女性特有の生理前の顔のむくみが解消され、あの時期のムクミ顔がありません☆ また、 …

no image
老けると四角い顔になる?

老化のサインと言えば、シワやたるみ、シミですね。シミやほうれい線が目立ってきたり …

no image
毛穴の開きや黒ずみ、アミノ酸で解消!

年齢とともに気になる毛穴の開きや黒ずみもアミノ酸は効果的です。 毛穴の開きや黒ず …

no image
楽しく飲んで、美肌力アップ

お酒の飲み過ぎは、肝臓に負担がかかり、ビタミン群をたくさん消費してしまうので、お …

no image
ハイドロキノンでシミを消す!

ハイドロキノンでシミ消し ハイドロキノンは確実にシミを薄くする、効果の高い成分で …

no image
チョコレートは健康食品?

チョコレートの原料、カカオに含まれているポリフェノールの健康効果が発見されてから …

no image
ふくらはぎのセルライト撃退法

エステに行った経験のある人ならご存知のように、エステではセルライトを揉みだすため …

no image
カレーライス・ダイエット!?

「飲み会」が続く季節、ウコンを手放せない人が多いのではないでしょうか? 今日はそ …

no image
ヘアケア製品が抜け毛の原因?

年齢とともに気になる抜け毛の原因は、加齢やストレス、食生活や生活習慣などが考えら …