ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

アンチエイジングにいい栄養の摂り方

カラダの炎症を抑える食事

炎症を抑える食事をするというのは、炎症の原因になる食事(砂糖、飽和脂肪酸、マーガリンなどの化学加工をした食材)を控えるだけでなく、病気や老化を加速させる「炎症」を抑える食材をとること。

炎症を抑える食材とは、クルクミン(ウコン)、緑茶、カプサイシン(唐辛子)、しょうが、ココア、オメガ3系脂肪酸、そして果物と野菜。

サプリメントを賢く摂る

普段の食事から必要とされる全ての栄養を摂取することは非常に困難です。ですから、サプリメントがアンチエイジングには必要になってくるのです。

摂取の仕方はまず基本から、マルチビタミンに配合される抗酸化のビタミンA、C、E、セレニウム、そしてビタミンB群とミネラル。

それに加えて、CoQ10、アルファリポ酸(血糖値と脳の機能のバランス)。L-カルニチンは細胞のエネルギー代謝を促進。そして脳の働きを助け、脂肪の燃焼を助ける必須脂肪酸は必ず摂取すること。

カフェインとアルコールの摂取

カラダと心をリラックスさせるのに、コーヒーやお酒が助けになる場合があります。しかし、決してシワを解決してくれる要素はありません。

それらも血中に入り込んでしまえば、肝臓や皮膚にとって毒素と変わってしまいます。一日に4、5杯のコーヒーを飲むと、興奮して睡眠(特にREM睡眠)を減少させてしまいます。

一日に1杯、多くとも2杯までとしておきましょう。コーヒーを飲むよりもむしろ緑茶を飲む方が、カフェインが少なく、抗酸化力が高いのです。

食べる量に注意する

まず自分の食事のカロリーを意識しましょう。たとえカラダにいいものを摂ったとしても、食べ過ぎてしまったらアンチエイジング効果を損ねてしまいます。

長寿の沖縄を例にとると、食べる量が少ないから元気で長生きができるのだといいます。アメリカの機関の調査によると、30年前に比べると現在の女性は300 カロリーも余計に摂取しているそうです。

カロリーの摂り過ぎはカラダの炎症を促進し、結果的に老化を早めます。

砂糖に別れを告げる

アンチエイジングにとって、砂糖は大敵です。カロリーの問題や血糖値を急激に上昇させてしまうだけでなく、グリケーション(糖化)という非を解決してくれる要素はありません。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
ケミカルピーリングは1960年に始まった!

今では日本にもすっかり定着したケミカルピーリング。アメリカで最初にケミカルピーリ …

no image
最近話題のミネラルメイク製品について

アメリカでは、どこの化粧品売り場でも必ず目にするミネラルメイク製品。 日本でも最 …

no image
セルライト予防食品

年を重ねるつれ、ぼこぼことカラダに現れてくる脂肪の塊、セルライト。 セルライトを …

no image
乾燥は肌トラブルの根源!

だんだん寒くなり、本格的な冬が近づいてきましたね。この時期は、1年のうちで一番湿 …

no image
ニキビの対処法

ニキビについては以前に何度もお話をしていますが、今回はその対処法をまとめてみまし …

no image
紅茶でリラックス

古くから世界中の人々に親しまれている紅茶。その中でも特に、イギリス人は紅茶好きで …

no image
肌を美しく若々しく保つ、最も大切な栄養とは? vol.03

前回の記事で、アミノ酸のサプリを摂っても吸収させなければ意味がないことをお話しし …

no image
お肌にも酸素が必要な理由

酸素は、私たちが生きていく上で必要不可欠なものですよね。お肌にも酸素はとっても重 …

no image
カレーライス・ダイエット!?

「飲み会」が続く季節、ウコンを手放せない人が多いのではないでしょうか? 今日はそ …

no image
運動は美肌を作る!!

皆さんは、定期的に運動をしていますか? 健康なカラダを保つには、定期的に運動する …