ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

アンチエイジングにいい栄養の摂り方

カラダの炎症を抑える食事

炎症を抑える食事をするというのは、炎症の原因になる食事(砂糖、飽和脂肪酸、マーガリンなどの化学加工をした食材)を控えるだけでなく、病気や老化を加速させる「炎症」を抑える食材をとること。

炎症を抑える食材とは、クルクミン(ウコン)、緑茶、カプサイシン(唐辛子)、しょうが、ココア、オメガ3系脂肪酸、そして果物と野菜。

サプリメントを賢く摂る

普段の食事から必要とされる全ての栄養を摂取することは非常に困難です。ですから、サプリメントがアンチエイジングには必要になってくるのです。

摂取の仕方はまず基本から、マルチビタミンに配合される抗酸化のビタミンA、C、E、セレニウム、そしてビタミンB群とミネラル。

それに加えて、CoQ10、アルファリポ酸(血糖値と脳の機能のバランス)。L-カルニチンは細胞のエネルギー代謝を促進。そして脳の働きを助け、脂肪の燃焼を助ける必須脂肪酸は必ず摂取すること。

カフェインとアルコールの摂取

カラダと心をリラックスさせるのに、コーヒーやお酒が助けになる場合があります。しかし、決してシワを解決してくれる要素はありません。

それらも血中に入り込んでしまえば、肝臓や皮膚にとって毒素と変わってしまいます。一日に4、5杯のコーヒーを飲むと、興奮して睡眠(特にREM睡眠)を減少させてしまいます。

一日に1杯、多くとも2杯までとしておきましょう。コーヒーを飲むよりもむしろ緑茶を飲む方が、カフェインが少なく、抗酸化力が高いのです。

食べる量に注意する

まず自分の食事のカロリーを意識しましょう。たとえカラダにいいものを摂ったとしても、食べ過ぎてしまったらアンチエイジング効果を損ねてしまいます。

長寿の沖縄を例にとると、食べる量が少ないから元気で長生きができるのだといいます。アメリカの機関の調査によると、30年前に比べると現在の女性は300 カロリーも余計に摂取しているそうです。

カロリーの摂り過ぎはカラダの炎症を促進し、結果的に老化を早めます。

砂糖に別れを告げる

アンチエイジングにとって、砂糖は大敵です。カロリーの問題や血糖値を急激に上昇させてしまうだけでなく、グリケーション(糖化)という非を解決してくれる要素はありません。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 口コミ美容情報

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
お酒の美肌効果について

前回のトピックでアルコールの美肌効果をご紹介しましたが、今回のトピックでは、アル …

no image
UVクリームの正しい選び方

UVクリームを正しく選ぶために、まず紫外線についてお話します。 肌に悪影響を及ぼ …

no image
女性の肌は男性よりも早く老化する?

シワやシミ、たるみなどのお肌の老化には個人差がありますが、一般的に男性と比較して …

no image
スーパーフルーツ、ブルーベリー

美容と健康に良いフルーツとして注目を浴びているブルーベリー。よく知られているブル …

no image
大人ニキビとホルモンの関係

ニキビと言えば、思春期の代名詞? ですが、大人になってもニキビに悩まされている方 …

no image
セルライトの原因とは?

女性のお悩みランキングによく登場するセルライト。およそ90%もの女性がセルライト …

no image
ヨガで活力アップ

一般的に、運動は、カラダの活力を高めてくれます。運動をすると、心拍数が上がり、カ …

no image
「ザ・ヒルズ」のハイディは、身体醜形障害?

皆さんは、アメリカのMTV制作の大人気TVドラマ、「The Hills」(「ザ・ …

no image
ファンデーションの歴史

ファンデーションの歴史は古く、古代ローマやギリシャ人の間で使われたのが始まりだと …

no image
お肌の老化はプロリン不足?

お肌の老化の要因には、加齢だけでなく、紫外線、活性酸素、ストレス、食生活、生活習 …