ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

BCAA

BCAA(分岐鎖アミノ酸)は、体脂肪の分解に必要な「脂肪分解酵素リパーゼ」をつくる原料になり、リパーゼに働きかけて体脂肪の分解を活発にし、分解された脂肪を効率よく燃やす手助けをします。ほとんどのアミノ酸が主に肝臓で代謝されるのに対し、BCAAはその大半が筋肉に運ばれ代謝されることから近年、ダイエット目的の燃焼系アミノ酸としても知られています。また、BCAAはセロトニンの上昇を抑える働きがあり、気分を高揚させてやる気を起こさせる作用がダイエットを強力にサポートします。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
酢酸ラノリル

羊の毛から得られるアレルギー性の少ない油性成分で、ヒトの皮脂に似た組成を持ち、角 …

no image
ミリスチン酸

パーム油やヤシ油由来の脂肪酸。油性原料。エモリエント効果や保湿効果があり、潤滑剤 …

no image
エチルパラベン

食品の保存料としても使われる安全性の高いパラベン。抗菌性があり、広範囲の微生物の …

no image
(C13、14)イソパラフィン

イソパラフィンからなる合成の液状油。無色透明の揮発性のあるオイル。スクワランに似 …

no image
グリコール酸

サトウキビや未熟なブドウの果実や葉に含まれている有機酸で、ターンオーバーや血流を …

no image
リナロール

植物の花や果実に含まれる香気成分で、刺激を緩和させる働きを持ち、肌荒れを防ぎます …

no image
ポリアクリル酸Na

水溶性高分子化合物で、粘性があり、クリームの粘度調整や安定性を保つ目的で配合しま …

no image
コハク酸

動植物に含まれる有機酸。水、アルコール、グリセリンに溶ける。しゅうれん効果、PH …

no image
ダイズステロール

大豆油脂から得られる油性成分で、肌を保護し、水分蒸発を防ぐ働きがあり、乾燥から肌 …

no image
オキシベンゾン-3

化粧品を紫外線から守り、製品の安定化の目的で使われます。