ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

L-アスパラギン酸

有害なアンモニアと結合してアスパラギンになります。体内の老廃物の排出に働き、疲労回復、肝機能の促進、また運動後のアンモニア生産を抑え、免疫システムを強化し、スタミナと耐久力を高める効果があります。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
サイミエキス

海岸の岩に生育する紅藻類のエキスで、肌のターンオーバーを正常に導くはたらきがあり …

no image
カミツレエキス(カミツレ花エキス、カモミラエキス)

カミツレの花から抽出されたエキスで鎮静、消炎効果に優れ、乾燥による肌荒れやニキビ …

no image
パルミトイルテトラペプチド−7(マトリキシル3000)

4種のアミノ酸からなるペプチドが、優れたアンチエイジング効果をもたらし、シワやた …

no image
グリセリン

無色のやや粘性のある液体。高い吸水性により長時間の保湿効果をもち、肌を乾燥から守 …

no image
濃グリセリン

無色のやや粘性のある液体で、吸水性が高いことから保湿を目的に使われます。皮膚にう …

no image
ステアリン酸PEG‐100

植物油脂から得られたステアリン酸からつくられる乳化成分です。水溶性の成分と、油溶 …

no image
マリンコラーゲン

マリンコラーゲンは別名海洋性コラーゲンとも呼ばれているもの。サケ、タラ、カレイな …

no image
水溶性コラーゲン

水に溶けやすいコラーゲンで、保湿のほかにも肌をやわらかく保つ効果をもち、肌表面の …

no image
リン酸アスコルビルMg(ビタミンCリン酸マグネシウム)

水溶性で不安定なビタミンCを化学的に合成され、肌の中の酵素の働きでビタミンCとし …

no image
水添ココグリセル

飽和の中鎖脂肪酸からなる界面活性成分で、水溶性の成分と、油溶性の成分を混ぜ合わせ …