ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

L-アラニン

アラニンは脂肪分解酵素を活性化して脂肪を燃えやすいようにします。さらに、筋肉にエネルギーを与えて、スタミナとなるブドウ糖の生成を促進する効果があります。ダイエット目的の運動をする身体にはとても必要な燃焼系とも呼べるアミノ酸です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
安息香酸Na

少量の添加でも強い抗菌作用があり、製品の防腐の目的で配合しました。

no image
TEA(トリエタノールアミン)

アルカリ性の成分で、製品を肌になじみやすいpHに調整し、肌の柔軟、保湿の目的で配 …

no image
異性化糖

皮膚の天然保湿成分(NMF)の一つである中性糖成分と、ほぼ同じ組成を持つ糖類。肌 …

no image
PG

無色透明の液体。湿潤性と抗菌性をもち、肌のうるおいを保ち乾燥から守ります。また、 …

no image
ジメチコノール

シリコンの一種。製品にツヤを出したり、撥水性を持たせる働きを与え、また感触をサラ …

no image
L-フェニルアラニン(必須アミノ酸)

カテコールアミン(興奮性の神経伝達物質ファミリー)の前駆物質。胃の中で食欲を減ら …

no image
PEG‐9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

シリコン系界面活性剤で、水溶性の成分と、脂溶性の成分を混ぜ合わせる目的で使用され …

no image
パルミチン酸アスコルビル

不安定なビタミンCを安定化させた脂溶性のビタミンC誘導体。肌の中の酵素の働きでビ …

no image
ヘキサンジオール

保湿性と抗菌性に優れているため、乾燥から肌を守るとともに、製品の防腐・殺菌の目的 …

no image
乳酸

生物に多く含まれている有機酸で、角質を柔軟にしてターンオーバーを促進させ、肌の再 …