ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

L-ヒスチジン(必須アミノ酸)

脳内でヒスタミンに変化し、満腹中枢の一つであるヒスタミンニューロンを刺激して満腹感を与える効果があり、過剰な食欲の抑制にはうってつけのアミノ酸です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分 ,

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
ジメチコンクロスポリマー

肌表面をなめらかにし、水濡れに強く、汗や皮脂に負けないストレッチ網目構造を長時間 …

no image
ポリクオタニウム−51

コンタクトレンズにも使用される最新の保湿成分で、ヒアルロン酸の約50倍という高い …

no image
エチルパラベン

食品の保存料としても使われる安全性の高いパラベン。抗菌性があり、広範囲の微生物の …

no image
エタノール(エチルアルコール)

殺菌・防腐作用、様々な成分の溶解を助ける作用があり、有効成分の抽出や製品の安定性 …

no image
PEG‐9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

シリコン系界面活性剤で、水溶性の成分と、脂溶性の成分を混ぜ合わせる目的で使用され …

no image
エチルヘキシルグリセリン

化粧品に使用される成分「エチルヘキシルグリセリン」は名称変更後の名で名称変更前は …

no image
ヘキシレングリコール

重要なグリコールはほとんど粘度の高い無色の液体で甘味がある。保湿性と抗菌性に優れ …

no image
酢酸トコフェロール

合成のビタミンEのこと。肌の中の酵素の働きで、トコフェロール(ビタミンE)に変化 …

no image
酸化チタン

紫外線散乱剤。光の屈曲率が高いのでカバー力が高く、肌のくすみや色むらを目立たせな …

no image
カンゾウ根エキス

漢方薬としても使われるカンゾウ(甘草)の根から油溶性成分を抽出したもの。抗炎症効 …