ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

L-フェニルアラニン(必須アミノ酸)

カテコールアミン(興奮性の神経伝達物質ファミリー)の前駆物質。胃の中で食欲を減らす効果がある物質の放出を促す働きがあり、過剰な食欲の抑制をサポートします。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分 ,

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
モンモリロナイト

90%以上無機質の天然の粘土鉱物。高度に精製された日本産のモンモリロナイトは、界 …

no image
PEG−8(ポリエチレングリコール)

乳化成分で、水溶性の成分と、油溶性の成分を混ぜ合わせるプロセスで使用しました。

no image
ジメチコンクロスポリマー

肌表面をなめらかにし、水濡れに強く、汗や皮脂に負けないストレッチ網目構造を長時間 …

no image
N−ヤシ油脂肪酸アシル−L−グルタミン酸ナトリウム

グルタミン酸と天然ヤシ油やココナッツ油から得られる植物系合成界面活性剤で、皮膚と …

no image
コエンチームA(コエンザイムA)

脂肪をエネルギーへの変換を促進させる働きを持ち、効率よく脂肪を燃焼させる補酵素。 …

no image
TEA(トリエタノールアミン)

アルカリ性の成分で、製品を肌になじみやすいpHに調整し、肌の柔軟、保湿の目的で配 …

no image
パルミチン酸レチノール

ビタミンAの誘導体。皮膚の粘膜や正常な代謝を促進するビタミンで、古い角質を取り除 …

no image
メチルイソチアゾリノン

少量でも高い抗菌作用をもつため、製品の防腐の目的に配合しました。

no image
マリンコラーゲン

マリンコラーゲンは別名海洋性コラーゲンとも呼ばれているもの。サケ、タラ、カレイな …

no image
パルミトイルオリゴペプチド(マトリキシル3000)

2種のアミノ酸からなるペプチドが、繊維芽細胞を活性化させてエラスチンの生成を促し …