ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

L-プロリン

皮膚などの組織を構成する表皮細胞、コラーゲン、天然保湿成分(NMF)などの合成を促進する活性作用があり、痛んだコラーゲンの修復、細胞の結合組織、心筋の合成時などの主な原料です。プロリンはまた、脂肪を燃やす「リパーゼ酵素」の働きを促進させ、カラダのエネルギー源としても利用されやすいアミノ酸です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
酸化亜鉛

紫外線散乱剤、白色顔料の一種。塗布時に白くなりにくく、UVーA、UVーBの両領域 …

no image
ステアリン酸グリセル

ヤシ油もしくはパーム油から得られる、ステアリン酸とグリセリンからつくられる安全性 …

no image
L-シスチン

シスチンは、システインが2つ結合してできた、システインの安定型アミノ酸です。シス …

no image
リン酸アスコルビルMg(ビタミンCリン酸マグネシウム)

水溶性で不安定なビタミンCを化学的に合成され、肌の中の酵素の働きでビタミンCとし …

no image
オキシベンゾン-3

化粧品を紫外線から守り、製品の安定化の目的で使われます。

no image
リナロール

植物の花や果実に含まれる香気成分で、刺激を緩和させる働きを持ち、肌荒れを防ぎます …

no image
グリチルリン酸

消炎成分。甘草の根から抽出されるグリチルリチンから得られる成分で、抗炎症・抗アレ …

no image
ベントナイト

天然の粘土鉱物。多量の水分を吸収して膨らむ性質を持ち、超微粒子のネット状のヴェー …

no image
水酸化Al

水酸化アルミニウム。粘膜を被膜保護し、収れん作用を持っています。石けん、口紅、フ …

no image
PEG−8(ポリエチレングリコール)

乳化成分で、水溶性の成分と、油溶性の成分を混ぜ合わせるプロセスで使用しました。