ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

L-プロリン

皮膚などの組織を構成する表皮細胞、コラーゲン、天然保湿成分(NMF)などの合成を促進する活性作用があり、痛んだコラーゲンの修復、細胞の結合組織、心筋の合成時などの主な原料です。プロリンはまた、脂肪を燃やす「リパーゼ酵素」の働きを促進させ、カラダのエネルギー源としても利用されやすいアミノ酸です。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
カルニチン

脂肪をエネルギーへの変換を促進させる、燃焼系とも呼ばれるアミノ酸。蓄積した脂肪を …

no image
アセチルヘキサペプチド−8(アルジルリンまたはアルジレリン)

塗るボトックスとも呼ばれるスペイン産のペプチド成分です。筋肉の収縮は意識の有無に …

no image
カフェイン

お茶やコーヒーに含まれ、脂肪の分解を助け、ボディーラインのひきしめに役立ちます。 …

no image
TEA

アルカリ性の成分で、製品を肌になじみやすいpHに調整し、肌の柔軟、保湿の目的で配 …

no image
ポリアクリル酸Na

水溶性高分子化合物で、粘性があり、クリームの粘度調整や安定性を保つ目的で配合しま …

no image
イリス根エキス

シロバナイリスの根茎から抽出されるエキス。イソフラボンを多く含み、女性ホルモン様 …

no image
オタネニンジン根エキス(朝鮮人参、高麗人参)

漢方にも利用されるオタネニンジンの根から抽出したエキスで、末梢血管の拡張、新陳代 …

no image
フェノキシエタノール

バラ科のマルメロの種子から抽出したグルコース、ペクチンなどの糖類や多糖類を多量に …

no image
ヤエヤマアオキ果実エキス

別名 ノニ、免疫系を刺激し傷ついた細胞の再生を助けます。健康食品や飲料としても人 …

no image
酢酸ラノリル

羊の毛から得られるアレルギー性の少ない油性成分で、ヒトの皮脂に似た組成を持ち、角 …