ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

L-メチオニン(必須アミノ酸)

代謝を促し脂肪を燃焼して活動エネルギーを作り出すカルニチンを作る元となる前駆物質です。肝機能を正常に保ち、老化の原因となる活性酸素(フリーラジカル)を除去する働きがあります。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分 ,

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
レシチン(大豆由来)

大豆や卵黄から抽出される脂質で、肌の細胞膜のリン脂質と同様な成分です。レシチンは …

no image
パルミトイルテトラペプチド−7(マトリキシル3000)

4種のアミノ酸からなるペプチドが、優れたアンチエイジング効果をもたらし、シワやた …

no image
ヒアルロン酸

自身の6千倍もの水分を保持する極めて高い保水力をもち、皮膚のうるおいを一定に保つ …

no image
脂肪酸グリセロール類

ヤシ油を精製して合成される中鎖脂肪酸トリグリセリドで、成分のアミノ酸が胃酸により …

no image
エチルヘキシルグリセリン

化粧品に使用される成分「エチルヘキシルグリセリン」は名称変更後の名で名称変更前は …

no image
クチナシ赤色素

カプセルの着色料:アカネ科クチナシの果実から抽出された食品着色料です。

no image
酢酸トコフェロール

合成のビタミンEのこと。肌の中の酵素の働きで、トコフェロール(ビタミンE)に変化 …

no image
PEG−8(ポリエチレングリコール)

乳化成分で、水溶性の成分と、油溶性の成分を混ぜ合わせるプロセスで使用しました。

no image
L-アラニン

アラニンは脂肪分解酵素を活性化して脂肪を燃えやすいようにします。さらに、筋肉にエ …

no image
キサンタンガム

ブドウ糖などの炭水化物を発酵させてつくられる糖類で、クリームの粘度の調整や乳化の …