ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

N−ヤシ油脂肪酸アシル−L−グルタミン酸ナトリウム

グルタミン酸と天然ヤシ油やココナッツ油から得られる植物系合成界面活性剤で、皮膚と同じ弱酸性を示し、化粧品のpH調整の目的で使われます。食品に添加される合成界面活性剤(ショ糖脂肪酸エステルなど)と比較しても極めて安全性の高い成分です。

アクセスキーワード:

  • N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
エタノール(エチルアルコール)

殺菌・防腐作用、様々な成分の溶解を助ける作用があり、有効成分の抽出や製品の安定性 …

no image
サフラワー油

ベニバナの種子から得られる、リノール酸、オレイン酸を多く含むオイルです。肌の水分 …

no image
(C13、14)イソパラフィン

イソパラフィンからなる合成の液状油。無色透明の揮発性のあるオイル。スクワランに似 …

no image
ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸のグルタミン酸と天然ヤシ油やココナッツ油から得られる植物系の合成界面活性 …

no image
セタノール

ヤシ油、牛脂からつくられるロウ状のオイル。水溶性の成分と、油溶性の成分を混ぜ合わ …

no image
ポリクオタニウム−51

コンタクトレンズにも使用される最新の保湿成分で、ヒアルロン酸の約50倍という高い …

no image
ソルビトール (ソルビット)

ブドウ糖から得られる糖類で、乾燥に対して水分を一定に保つ性質を持ち、洗顔後の肌に …

no image
シクロメチコン

シリコンオイルの一種。オイルフリーの化粧品にオイルの代わりとして使われ、粘度が低 …

no image
ベントナイト

天然の粘土鉱物。多量の水分を吸収して膨らむ性質を持ち、超微粒子のネット状のヴェー …

no image
加水分解コラーゲン

サケ、タラ、カレイなどのコラーゲンを多く含む魚の皮から抽出して得られるコラーゲン …