ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

N−ヤシ油脂肪酸アシル−L−グルタミン酸ナトリウム

グルタミン酸と天然ヤシ油やココナッツ油から得られる植物系合成界面活性剤で、皮膚と同じ弱酸性を示し、化粧品のpH調整の目的で使われます。食品に添加される合成界面活性剤(ショ糖脂肪酸エステルなど)と比較しても極めて安全性の高い成分です。

アクセスキーワード:

  • N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image

化粧品の主となる成分で、蒸留、またはイオン交換樹脂を通して精製された不純物が取り …

no image
水添ココグリセル

飽和の中鎖脂肪酸からなる界面活性成分で、水溶性の成分と、油溶性の成分を混ぜ合わせ …

no image
アセチルヘキサペプチド−8(アルジルリンまたはアルジレリン)

塗るボトックスとも呼ばれるスペイン産のペプチド成分です。筋肉の収縮は意識の有無に …

no image
PEG‐9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

シリコン系界面活性剤で、水溶性の成分と、脂溶性の成分を混ぜ合わせる目的で使用され …

no image
シクロメチコン

シリコンオイルの一種。オイルフリーの化粧品にオイルの代わりとして使われ、粘度が低 …

no image
コカミドDEA

ヤシ油由来の増粘、感触改良成分です。モンモリロナイトと各種の有用成分をクリーム状 …

no image
スフィンゴ脂質

角質層の水分を保持する細胞間脂質の一つで、乾燥から肌を守り、肌荒れを防ぎます。

no image
水溶性コラーゲン

水に溶けやすいコラーゲンで、保湿のほかにも肌をやわらかく保つ効果をもち、肌表面の …

no image
パルミチン酸アスコルビル

不安定なビタミンCを安定化させた脂溶性のビタミンC誘導体。肌の中の酵素の働きでビ …

no image
マンニトール

植物に多く含まれるショ糖からつくられ、保湿効果に優れ、乾燥から肌を守ります。酸化 …