ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

グリチルリン酸

消炎成分。甘草の根から抽出されるグリチルリチンから得られる成分で、抗炎症・抗アレルギー作用があり症緩和や消炎効果、皮脂分泌の抑制作用を有する美容成分です。。化粧品には、肌荒れにきび予防、悪化を防ぐ目的で配合されます。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
メチルパラベン(パラオキシ安息香酸メチル)

安息香酸エステルのパラ位にフェノール性ヒドロキシ基を持つ有機化合物群の呼び名であ …

no image
ステアリン酸グリセル

ヤシ油もしくはパーム油から得られる、ステアリン酸とグリセリンからつくられる安全性 …

no image
PEG‐9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

シリコン系界面活性剤で、水溶性の成分と、脂溶性の成分を混ぜ合わせる目的で使用され …

no image
BG

無色透明の液体。湿潤性と抗菌性をもち、肌のうるおいを保ち、製品の安定性を高めます …

no image
[有効成分] グリチルリチン酸ジカリウム

強力な消炎効果があり、肌荒れを防ぎ、健康な肌を維持する目的や、ニキビの予防や悪化 …

no image
ソルビトール (ソルビット)

ブドウ糖から得られる糖類で、乾燥に対して水分を一定に保つ性質を持ち、洗顔後の肌に …

no image
サフラワー油

ベニバナの種子から得られる、リノール酸、オレイン酸を多く含むオイルです。肌の水分 …

no image
PCA-Na

角質層の中に多量に含まれている天然保湿因子(NMF)の一つで、水分を逃がさないよ …

no image
リン酸アスコルビルMg(ビタミンCリン酸マグネシウム)

水溶性で不安定なビタミンCを化学的に合成され、肌の中の酵素の働きでビタミンCとし …

no image
(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー

水に溶ける高分子化合物で、水溶性の成分と、油溶性の成分を混ぜ合わせるプロセスで使 …