ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

グリチルリン酸

消炎成分。甘草の根から抽出されるグリチルリチンから得られる成分で、抗炎症・抗アレルギー作用があり症緩和や消炎効果、皮脂分泌の抑制作用を有する美容成分です。。化粧品には、肌荒れにきび予防、悪化を防ぐ目的で配合されます。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 成分

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
L-メチオニン(必須アミノ酸)

代謝を促し脂肪を燃焼して活動エネルギーを作り出すカルニチンを作る元となる前駆物質 …

no image
カッコンエキス

クズの乾燥根から得られるエキスで、高いコラーゲン合成作用を持つため、シワ、たるみ …

no image
プロピルパラベン(パラオキシ安息香酸プロピル)

パラベンは食品の保存料としても使われる安全性の高い成分です。抗菌性があり、広範囲 …

no image
ジメチコン

シリコンの代表的なもの。撥水性が強く、耐水性の強い被膜を作り、水や汗による化粧崩 …

no image
ステアリン酸グリセル

ヤシ油もしくはパーム油から得られる、ステアリン酸とグリセリンからつくられる安全性 …

no image
脂肪酸グリセロール類

ヤシ油を精製して合成される中鎖脂肪酸トリグリセリドで、成分のアミノ酸が胃酸により …

no image
メチルイソチアゾリノン

少量でも高い抗菌作用をもつため、製品の防腐の目的に配合しました。

no image
L-シスチン

シスチンは、システインが2つ結合してできた、システインの安定型アミノ酸です。シス …

no image
カンゾウ根エキス

漢方薬としても使われるカンゾウ(甘草)の根から油溶性成分を抽出したもの。抗炎症効 …

no image
ポリアクリル酸Na

水溶性高分子化合物で、粘性があり、クリームの粘度調整や安定性を保つ目的で配合しま …