ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

CセラムのビタミンCの濃度はどれくらいですか?

7.5%です。ビーグレンのCセラムは独自の浸透技術により、7.5%濃度で十分な効果を引き出すことができます。例えばビタミンC濃度20%の美容液の場合、それ自体では肌に浸透しないので、少しでも濃度を高くして肌への吸収量を上げることを目的としているようです。 しかし、ビタミンC濃度の高い製品は、肌への刺激が強いため肌トラブルの原因となってしまうことがあります。ピュアビタミンC(アスコルビン酸)を 7.5%配合しています。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 質問 | Cセラム

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
肌が突っ張るのですが?

Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCには、過剰な皮脂分泌を抑える働きがござい …

no image
Cセラムが黄色くなってきましたが、使用して大丈夫でしょうか

Cセラムの主成分であるビタミンCは、大変デリケートな成分であるため、開封後、空気 …

no image
Cセラムはオイルフリーですか?

オイルとしてそのまま基剤に使用していませんが、美容液の粘性を高めたり、水溶性の有 …

no image
Cセラムは、どんな肌タイプでも使えますか?

はい、Cセラムはすべての肌タイプの方にお使いいただけます。

no image
Cセラムを使い始めてからどれくらいで効果がでますか?

人によって効果の現れる期間は様々です。一般的にニキビのケアには、2ヶ月3ヶ月とい …

no image
Cセラムを目元に使っても大丈夫ですか

Cセラムの主成分であるビタミンCは、目元のシワ・たるみ、くすみなどにも大変有効な …

no image
Cセラムの使用で顔が赤くなりました、使用を続けても大丈夫?

Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCが刺激になっている可能性がございます。ピ …

no image
ビタミンCなのに、昼間付けても大丈夫ですか?

Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCは、紫外線によって壊れやすい上、変色する …

no image
油溶性ビタミンCは何故よくないか?

油溶性ビタミンCは、酸化しやすく不安定なビタミンCを肌に浸透しやすくするために、 …

no image
他社の化粧品と併用する場合、どのタイミングで使ったらいいですか?

洗顔後、ローションでお肌を整えた後にご使用ください。他社製品との併用は問題ありま …