ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

油溶性ビタミンCは何故よくないか?

油溶性ビタミンCは、酸化しやすく不安定なビタミンCを肌に浸透しやすくするために、肌に馴染みの良い脂質を化学的に結合させているため、乾燥肌や敏感肌に向くビタミンCと言われています。 そのため、過剰な皮脂分泌で引き起こされるニキビにおいては脂質が結合されている脂溶性ビタミンC誘導体ですと、さらにアクネ菌が繁殖しやすい肌にしてしまう可能性があるためです。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 質問 | Cセラム

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
Cセラムは水溶性ビタミンですか?

ピュアなビタミンCは水溶性の成分です。そのため、バリア層と呼ばれる皮脂膜で覆われ …

no image
Cセラムはオイルですか?

Cセラムはオイルではありません。有効成分(ピュアビタミンC)をお肌にしっかり与え …

no image
ビタミンC誘導体とビタミンCはどう違うのですか?

ビタミンCは、シミの原因であるメラニンの生成を抑える効果の高い美白成分です。しか …

no image
Cセラムが黄色くなってきましたが、使用して大丈夫でしょうか

Cセラムの主成分であるビタミンCは、大変デリケートな成分であるため、開封後、空気 …

no image
ニキビに直接つけてもいいですか?

はい。ピュアビタミンCは強い殺菌作用と過剰な皮脂分泌を抑える作用がありますので、 …

no image
水溶性と油溶性はどう違うんですか?

ビタミンC自体は水溶性の成分なので、そのままでは皮脂膜に浸透させることはできませ …

no image
Cセラムの効果的な使用方法を教えてください

Cセラムを使った、週に1、2回の「ビタミンCパック」がお肌のシワ・たるみ、ニキビ …

no image
Cセラムの使用で顔が赤くなりました、使用を続けても大丈夫?

Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCが刺激になっている可能性がございます。ピ …

no image
Cセラム使用後にクリームを使用するとポロポロとしたものがでます。

使用量にもよりますが、Cセラムに配合されているビタミンCとクリームなどの粘度を調 …

no image
肌が乾燥してきたのですが、このまま使用を続けてもよいでしょうか?

Cセラムの美肌成分であるピュアビタミンCには、皮脂の分泌をゆるやかに抑える働きが …