ビーグレン 口コミと評判

ニキビやしわでお悩みの方はビーグレンで解決!

油溶性ビタミンCとは?

ビタミンCに肌に馴染みの良い脂質でまわりを覆っている様なイメージのものでこの脂質が誘導体(肌へビタミンC を導くもの)となって肌へ浸透させて肌へ入ると、肌の酵素によって切り離されてビタミンCと脂質が肌の中で別れることで、ビタミンCの効果が肌へ発揮されるという物です。油溶性ビタミンCはゲルやクリームなどに配合するものとして使われます。→ニキビが出来ているお肌(部分)には不向きです。

ビーグレン2013サマービッグセール

 - 質問 | Cセラム

浸透力ビーグレン
浸透力ビーグレン

  関連記事

no image
Cセラムはオイルですか?

Cセラムはオイルではありません。有効成分(ピュアビタミンC)をお肌にしっかり与え …

no image
Cセラムを使ったら、肌が赤くなり、ひりひり感じます

Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCが刺激になっている可能性がございます。ピ …

no image
水溶性と油溶性はどう違うんですか?

ビタミンC自体は水溶性の成分なので、そのままでは皮脂膜に浸透させることはできませ …

no image
肌が突っ張るのですが?

Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCには、過剰な皮脂分泌を抑える働きがござい …

no image
ビタミンC誘導体とビタミンCはどう違うのですか?

ビタミンCは、シミの原因であるメラニンの生成を抑える効果の高い美白成分です。しか …

no image
Cセラム使用後にクリームを使用するとポロポロとしたものがでます。

使用量にもよりますが、Cセラムに配合されているビタミンCとクリームなどの粘度を調 …

no image
Cセラムにポリマーは配合されていますか

品質の保持や温度変化に対するテクスチャー(粘度)の安定性のために、ポリアクリルア …

no image
ホワイトクリームexと、どう美白効果が違うんですか?

Cセラムの美白効果はピュアビタミンCの働きによるもので、メラニン色素の生成を抑え …

no image
Cセラムは水溶性ビタミンですか?

ピュアなビタミンCは水溶性の成分です。そのため、バリア層と呼ばれる皮脂膜で覆われ …

no image
Cセラムには保存料は入っていますか?

ビタミンC成分自体が酸性で殺菌効果があるため、他の保存料を必要としません。